笑いを醸し出す東京コメディホール

Estimated read time 1 min read
読売新聞
東洋高校会長の松倉久之は、浅草豊館の隣に立っています。 浅草豊館の外壁には劇場と付属劇場で公演した後、名前を知らせたコミックの写真がかかっています。

東京浅草エリアにある浅草豊館劇場は、常に万座とマンダンコミックストーリーテリングを含むコメディー公演で観客を楽しませてきました。 エンターテイメントホールは、浅草寺の西の繁栄した商業エリアを横断するメインストリートである浅草六本路の真ん中にあります。

劇場外は、昭和平成時代を代表するコメディアンの白黒写真で飾られています。 これには、映画「おとこわつらいよ」(男は大変)で有名なキヨシ・アツミが含まれています。 コメディデュオ Konto 55 GoのKinichi HagimotoとJiro Sakagami; そしてテレビコメディ「翔天」の元プロデューサー南新介。

彼らはすべて1951年に開館したホールの前身である浅草フランス座と付属劇場の舞台で名前を知らせた。 ストリップショーの間にショートチョンドラが演奏されました。 1959年には、このコメディーの演劇のために特別に設計された東洋慶慶劇場が開かれました。

読売新聞
舞台右付近に見えるスパイラル階段は劇場がストリップクラブだった時代を思い出させる。

改装時にエレベーターが設置されました。 10年余り後、エレベーターボーイで働いた青年は伝説的なコメディアンビート武士として知られるようになります。 ビデオストリーミングサービスプロバイダーであるNetflixが制作した映画「浅草キッド」で描かれているように、TakeshiはボードビリアンSenzaburo Fukamiの見習いになり、ここで彼の芸術を磨きました。 以後コミックデュオツービーでデビューした。

「タケシはエレベーターでもタップダンスを練習しました。 私は彼が今日でもそれをうまくやると確信しています。 かつてここで働いていた伝説的なコメディアンを考えると畏敬の念を呼び起こしました。

読売新聞
伝説のコメディアンビート武士は劇場エレベーターでタップダンスを練習したという。

浅草六区には30以上の劇場や映画館があったと言われていますが、現在は少数の劇場だけが残っており、現在は劇場がありません。 今、人々はテレビだけでなく、インターネットでもコメディーショーを楽しむことができます。

浅草フランス者は1999年に閉鎖し、翌年、浅草豊館で再び扉を開いた。

読売新聞
浅草豊館劇場は、この地域のコメディの伝統を保存する上で重要な役割を果たしています。

「ここでコメディアンの魂を本当に感じることができる。 [at the hall]、そしてそれがそれを見事にすることです。 そのような遺産を保存したいと思います。」

先祖たちが築いてきた偉大な伝統とそれを守らなければならないという使命感が垣間見える。

読売新聞

浅草豊館

住所: 東京都台東区浅草1-43-12

入場: 銀座線浅草駅から徒歩10分、筑波エクスプレス線浅草駅から徒歩30秒

時間: ショーは午後12時30分から午後5時ごろまで行われます。 時々夕方のショーがあります。 年中無休。

READ  ウェプツン親ネイバー、ワットパッド買収合意の承認を発表
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours