エンターテインメント

第二にSarah Geronimo、ASEAN-Japan Music FestでPH代表

ASEAN-Japan Music Festivalストリームスクリーンショット

ポップスター王族サラジェロニモは土曜日に放映されたアセアン – 日本の音楽フェスティバルで二番目にフィリピンを代表する国際的なイベントで、フィリピンの国旗を新たに立てた。

ジェロニモは国際的な音楽祭出演者名簿に登載された後、ネチズンたちにもう一度話題を呼び起こし、Twitterで流行している話題の一つになりました。

「PINOY PRIDE SARAH GERONIMO」と#SarahGASEANJapanMusicFestはトレンド話題の2位と3位を占めて一時ソーシャルメディアプラットフォームのトレンドリストに上がりました。

ビデオメッセージでは、この人気歌手は、フィリピン代表に戻って招待されて感謝の意を表した。

「アセアンミュージックフェスティバルで二番目に、韓国、フィリピンを代表するようになっうれしいです。 この機会に非常に感謝します。 この日に参加することになって本当に光栄です。」と、彼女の紹介映像で語った。

彼女は「人生のすべての段階」で音楽が及ぼす影響について継続議論しました。

「音楽は人生のすべての段階を経て、私たちの魂に言う普遍的な言語です。 音楽は非常に強力です。 傷ついた心を癒し、魂を高揚させ、新たな希望をもたらすことができます。」とGeronimoが言いました。

「私たちの音楽と公演があなたのすべてにインスピレーションの源になることを願います。 もう一度感謝し、安全に過ごしてください。」

Geronimoは去る3月、デジタルコンサートで初めて公開された「Ikot-Ikot」のクチコミを防ぐ公演で仮想観客を驚かせました。

コンサート中にPopstarは、すべての動作を慎重に練習する必要がので、ムービングセットで歌うことが難しかったと発表した。

「すべての動きがよく練習なければならないので、彼は挑戦的です。 セットの動きに抵抗することはできません。 彼は容易に見えるし、セットの動きはあなたの取るます。」と彼女は言いました。

Pinay歌手は、ベトナムのDong Nhi、日本のGodai Natsuko、インドネシアのAndien、マレーシアのDatoのSri Siti Nurhalizaなどの周辺国の他の共演者たちと合流しました。

ジェロニモは2018年に東京で開かれた音楽祭で初めて彼女のヒット曲「Tala」と「Kilometro」を歌った。

関連動画:

READ  「相葉学」嵐大野智が6年半ぶりのゲスト出演した時間SPで芋堀り| ORICON NEWS

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close