第2回韓米エネルギー安全保障対話に関する共同声明

1 min read

次の声明の本文は、第2回日本-米国エネルギー安全保障対話をきっかけに米国と日本政府が発表したものです。

米国と日本はスタンフォード大学フーバー研究所主催で2023年10月16~18日、カリフォルニア州パロアルトで第2次日・米エネルギー安保対話(ESD)を開催した。 カリフォルニアは、クリーンエネルギー転換を主導する政策と技術を発展させる上で主要な役割を果たしています。 カリフォルニアで開催されたESDは、米国、日本、インド太平洋地域のエネルギー転換を推進する上で、太平洋間のパートナーシップと革新的な民間セクター企業の積極的な役割を強調しました。 米国国務省エネルギー資源次官補ジェフリー・ファイアット(Geoffrey Pyatt)が、日本経済産業省の木原信一(Kihara Shinichi)局長、竹谷敦(Taketani Atsushi)外務省経済局副局長と会い、集団エネルギー安全保障を強化し、清浄エネルギー政策を加速化のために会談をしました。 エネルギー転換を模索し、この分野でより深い協力を模索します。

アメリカと日本は、ロシアのウクライナに対する違法で不当で理由のない侵略戦争によって、世界のエネルギーと原材料市場が衝撃を受けることに深刻な懸念を表明しました。 G7の約束に基づいて、両国は現在の地政学的発展が世界のエネルギー市場への影響を注意深く観察する必要があることを認識し、安定したエネルギー市場の重要性と重要なエネルギーパートナーになるという意志を強調しました。 彼らは、ウクライナに対するG7広島指導者の声明に記載されているように、ロシアのエネルギーへの依存を減らし続け、ロシアのエネルギー収益と将来の採掘能力を制限するための措置を講じる必要性を強調しました。 彼らはまた、パリの約束に合致する方法でエネルギー効率の向上とガス需要の減少を推進しています。

日本と米国は、世界中、特にアジアでのエネルギー安全保障と脱炭素化の達成の必要性を認識しています。 両国は、温暖化を1.5℃に制限することに合わせて、化石燃料のバリューチェーン全体でメタン排出を含む温室効果ガス排出を緩和するために、政府と民間部門が協力することが必須だと強調した。 各国は、化石エネルギー部門におけるメタンおよびCO2排出量を最小限に抑えるための化石燃料消費者および生産者の必要性を含む、グローバルメタン誓約(GMP)の実施へのコミットメントを繰り返しました。 米国と日本は、化石燃料による温室効果ガス排出量の測定、監視、報告、および検証のための合意ベースのアプローチを開発するために、欧州連合執行委員会および他の15カ国との継続的な努力を払うという意志を再確認しました。

米国と日本は、気候危機が私たちの時代の実践的な課題であることを認識し、1.5度の温暖化を達成するためにエネルギーセクター政策と目標を満たすことを含む、より緊密な協力を約束しました。 両国は、パリ協定の目標を達成するために、今後10年間にわたってクリーンエネルギー技術を世界的に迅速に展開する必要があることを認識しました。 米国は、クリーンエネルギー需要イニシアチブ(CEDI)について日本と議論したことに謝意を表明し、第3国でクリーンエネルギーへの投資と企業調達を増やそうとするCEDIの目標を共同で進展させることを期待しています。

米国インフレ削減法、米国両党インフラ法、日本のGX促進法に含まれる歴史的な気候投資に基づいて、両国は特にクリーンエネルギー技術の導入とエネルギー効率性措置を通じて経済を迅速に脱炭素化することの重要性を強調しました。 。 この目的のために、日本と米国は、エネルギー自給率の向上を通じてエネルギー安全保障を強化するためのクリーンエネルギー技術の配置の重要性と、必須の鉱物およびクリーンエネルギーサプライチェーンの強化と多様化の重要性を強調しました。 日本と米国は、鉱物安全保障パートナーシップ(MSP)および他の多国間フォーラムを通じて、重要な鉱物サプライチェーンの責任ある開発への継続的な協力を約束し、リサイクルの重要性を強調しました。 米国と日本は、それぞれの発電ポテンシャルを活用し、それぞれの野心的な風力エネルギー目標を達成するために浮遊式海上風力技術が必要であるため、海上風力を含むクリーンエネルギー技術に対する新たな協力機会があることを確認した。 日本と米国は、この膨大な海上風力の可能性を活用するために必要な技術ソリューションとサプライチェーンを開発するための協力強化について議論しました。

両国は、IPH(International Partnership for Hydrogen and Fuel Cells in the Economy)およびその他のフォーラムを通じて水素生産の炭素集約度を測定する方法論を含む、規制の枠組みと標準に対する協力の重要性を強調しました。 彼らは、クリーンエネルギー技術への各投資がコストを削減し、他の国が自国のクリーンエネルギー経済をより迅速に構築するのに役立つことを望んでいた。

米国と日本は、エネルギー安全保障と安価なクリーンエネルギーの提供に重要な貢献者として原子力の重要性を強調した。 両国は地政学的強制から自由で安全な核燃料サプライチェーンの重要性を再確認した。 両国は、NPTの義務と国際的に認められた原子力安全基準と原子力安全保障指針を維持しながら、途上国を通じた原子力エネルギーの安全な配置のための協力を続けます。 両国は、安定した原子力サプライチェーンに貢献するために最善を尽くしています。

両国は、エネルギー転換、特に産業や輸送の分野で減少しにくいセクターの脱炭素化におけるクリーン水素とe燃料とeメタンなどの派生物の潜在的な役割について議論した。 日本と米国は、排出ガスのない火力発電のためにクリーンな水素やアンモニアなどの派生物質の潜在的使用の観点を共有し、1.5C経路との調整が重要であることを指摘しました。 両国は、2035年までにN2OとNOxの排出を避け、電力部門全体または大部分を脱炭素化するための共同目標を達成する必要性を再確認しました。 また、2023年4月に主要経済フォーラムで始まったカーボンマネジメントチャレンジへの共同コミットメントを再確認しました。 炭素捕集、利用、貯蔵、二酸化炭素除去技術の規模拡大

両側は今回のエネルギー安全保障対話と生産的トラック1.5コンポーネントの大きな価値に同意し、2024年の上級会議を再開することを期待しています。

READ  いいえ、Hades 2はすでにプレイに疲れすぎており、まだ早期アクセスの段階も始まって​​いません。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours