Economy

第3極のOS用の舵に切った華。 IoTのための自己Harmony OSをスマートフォンに採用(ホンダ雅一) – Engadget日本版

Huawei社の開発者会議「Huawei Developer Conference(HDC)2020」の基調講演同社は、米国政府の禁輸措置にどのように対抗しようとしているか、その方向性を把握するのに重要なイベントで注目されていた。そのような状況では、会社は、IoTデバイス用にされていた独自開発したOS、Harmony OSをタブレットやスマートフォンでも使用Harmony OS 2.0に拡張して、年内にβテストを開始した後、来年にもスマートフォンを発売すると発表した。

昨年実施されたHDC 2019はHarmony OSがIoTのであることを強調したHuawei社が、米国政府が強い姿勢で会社への規制を強化しているので、独自のプラットフォームを開発する方向に向きを切ったと考えられる。 Huawei社の事業規模や技術力があれば、高性能OSを開発することは可能だろう。 しかし、数百万個のアプリが流通しているAndroid取り替えるには、開発者に取って魅力的な市場形成が必要である。

消費者は、さまざまなアプリケーションを自由に使用世に送り出しているほとんどのサービスやデバイスとの接続たいのだが、そのような環境をジョンドンヌンアプリケーションの移植をゴムなければならない。 市場がない中で移植を促すので、相反する要素をまとめていく難しさをどのように克服するか注目点である。

Harmony OSをスマートフォンに適用することは十分に予想することができる戦略であるが、越えなければなら壁は非常に高い。 は何を根拠にHuawei社は、Harmony OS搭載スマートフォンを起動しようとしているのだろうか。

HDC 2020の基調講演で感じたのは、「中国市場エサウ支持」をもとにAndroidより魅力的なプラットフォームを目指しているということだ。 他の中国企業にもHuawei社の状況は他人事ではない。 米国に首根っこを把握していなかったこと、米国発の技術が含まれていないOSとアプリケーション環境をより新しいデザインのOSとネットワーク技術で再構築することにより、他の中国企業と開発者の関心を集めようとは思わかもしれない。

関連記事:

Huawei社のグチゴウル刺してきた米国の追加の規制。 ユーザーのスマートフォンはどうなりますか? 影響は?

Huawei社の強みは、中国市場での強力なユーザーベース

再確認する必要もないかもしれないが、現在の流れから見ると、Huawei社の米国政府の規制が緩む可能性は低い。 最近、米国の大統領選挙がありますが、Huawei社に対する規制は、国家安全保障に関する問題であるだけに、すべての面で疑惑が晴れない限り、大統領が変わっても、すぐに規制は解けないと考えている。 そして、米国政府が華の規制を解かない限り、Huawei社はAndroid OSを使用することもGoogle Mobile Service(GMS)を利用することができない。 つまりGMSが提供するアプリケーションやアプリケーションの市場はもちろん、GMSが提供する機能を呼び出して使用するアプリケーションとの互換性もなくなってしまう。

これに対してご存じのようにHuawei社は、HUAWEI Mobile Services(HMS)を搭載したAndroidスマートフォンを提供していHMSに内包されているAppGalleryで互換性のあるアプリを流通させている。 中国ではGoogleが事業を行わずに、中国国内で流通しているスマートフォンは、GMSが搭載されていない。 したがってHuawei社は、中国の香り端末開発してきたコンポーネントをまとめて、これまで構築して、独自のアプリケーションマーケットなど、中国以外の国で使用されているアプリケーションに対応するようになど、日本を含むGMS搭載が当たり前の地域でも端末事業展開を進めている。

しかし、状況は芳香族ではない。 日本でもLINEやNAVITIMEなど、いくつかのアプリがAppGallery用に移植見ることはできますが、新規開発サービスとアプリケーションに対応できず、IoTデバイスとスマート時計などのアプリケーションのセットで動作するハードウェアの大半対になるアプリが動かない状況である。 それでもHuawei社はGMSなく端末事業を継続しているのは、巨大な中国市場をしっかりと押しているからである。 中国では、元のGMS対応端末がないから、Googleの技術を搭載することができなくても、従前の事業があるのだ。

中国は新型コロナウイルスの影響で第1四半期のスマートフォンの出荷台数が前年同期比18%も下落した。 それでもカナレスの調査では、7260万台。 Huawei社は、そのうちの44.1%が3010万台で圧倒的なシェアだけでなく、毎年、その勢いが増加している状況である。

年間では3億2600万台と予想されている中国市場でもし似たようなシェアを維持する1億4372万台。 このユーザーベースをどのように活用するかがHarmony OSを起動するために鍵となる。

関連記事:

変わり始めた中国のスマートフォンメーカーの支配権。 Huawei社・シャオ米の発表で解読

中国市場エサウ支持をどのようにグローバルに展開するのか

決して楽観的に見ているわけではないが、中国市場だけならHarmony OSも勝負できる目があるかもしれない。 詳細については省略したが、IoTのための柔軟で低遅延通信機能が統合されて、複数のデバイスにまたがる単一のアプリケーションが動作するので、コンパクトなデザイン家電製品などにも内蔵やすいではないかどうか。

中国は市場が大きいほど内需専門家電メーカーとIoTメーカーは、Huawei社のパートナーが希望する企業は、少なくないだろう。 どこまで互換性、移植性があることを評価していないが、Huawei社は、Open ARKというツールを利用して、AndroidアプリケーションHarmony OSに移植することができるように開発を進めており、アプリケーションに関しても(中国市場を主な事業としているIoTメーカーやアプリケーションベンダーであれば、)どの程度揃えすることができるだろう。

Huawei社は、彼らがHMS Coreと呼ばれるツールセットを使用して開発したAndroid用アプリを簡単にHarmony OSでも動作するように整備するようだ。 まだそのアプリケーションは8万1000個に過ぎないが、中国で使用されているアプリケーションを誘引することができるものである。 発売時には数十万個の増加も不思議に思っていません。 また、中国市場への進出を狙う中国の国外でのアプリケーションは、サービスプロバイダがサポートかもしれない。 いずれにしろ、「中国での話」であればHuawei社はHarmony OSへの移行計画をして切ることは不可能はないと期待する。

これグローバルに展開するためには、(米国以外の国で)Harmony OSを第3極のモバイルOSとして定着させていく必要がある。 AppGalleryでは、その部分を泥臭くユーザーが希望するアプリ移植交渉などを着実に実施している感じだが、全く別のOSとすると、単純に移植ツールを提供するだけでは終わらない。 Harmony OSがあるAndroidを上回る性能と機能を活用するには、移植ではなく、それらを利用したアプリケーションの設計が不可欠である。 Android用に開発しているアプリケーションを移植するだけであれば応じてもHarmony OSを生かしたアプリケーションを作成してもらうには、多くのインストールベースが必要である。

もし打開策がある場合は、ハードウェアとOSをタイトに統合し、Androidスマートフォンでは到達できないユーザーインターフェイスは、IoTとの連携、タブレットやPC、自動車などの連動を実現し、また、端末にも独自性の高い製品を提供していすることができだろうか。

高性能ユニークなデザインSoCの調達は可能か

ここで汚れ、その壁が既存の華端末と同様に、高精細カメラなど独自性の高い機能を提供することができるかどうかである。 今までのHuawei社の携帯電話は、子会社ハイシリコン設計自体SoCの機能を利用して、差別化を図ってきた。 ところが、ユニークなデザインのSoCを生産委託し、台湾TSMCで調達することができなくなったのは、前回のコラムでお伝えした通りある。

Huawei社は、「Huawei Developer Conference(HDC)2020」の基調講演で(現在の位置)にとどまらず歩を止めずに前進し、グローバル開発者と開発成果を共有し、新しいエコシステムを一緒に作っていこう。成功は、すべての共有していくと訴えOSはもちろんのこと、さらに、移動サービスとAPIのセットのライブラリなどを含むオープンソースとして共有いくとしている。Huawei社が誇るてきたカメラ関連ライブラリのセットとAR関連技術などを共有するものである。

Harmony OSは、単一のアプリケーションが複数のデバイス間で自律的に接続動的に遅延を調整しながら、Wi-FiやBluetoothなどを介してネットワークを横断的に動作するアプリケーションを作成することができなど、非常に興味深い機能を持って迅速自分のファイルシステムとデータベース、検索機能などを搭載する。

彼らに魅力的だったとしても、統合する必要がハードウェアの品質を維持または発展するのか。 ユニークなデザインのSoCを継続発展させることができるだろうか? 「置いているから開発を停止していない」または「寄せはありませんが戦い続けている」のか。 年内にその答えが出ているかもしれない。

READ  部屋は整理もよい。 ペットの糞も避けロボット掃除機「Roborock S6 MaxV」|ギズモード・ジャパン

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close