トップニュース

第4四半期の日本経済回復税、アナリストは材料費上昇の懸念

2021年1月7日、日本東京のある商業地区でコロナ19(COVID-19)発生後、保護マスクを着用した歩行者たちが出退勤時間に道を進んでいます。 REUTERS/キム・ギョンフン/ファイル写真 GLOBAL BUSINESS WEEK AEAD

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

東京、12月16日(ロイター) – 日本経済が今四半期と来年の最初の3ヶ月間に急激に成長すると予想され、消費者と企業活動がファンデミックによる巨大な被害から回復すると予想されるため、ロイターがエコノミストを対象とした世論調査によると。

しかし、世界で3番目に大きな経済は、世界中の原材料とエネルギー価格の上昇による不確実性に直面しており、ほとんどすべてのアナリストは、これらの価格変動が損害を与えると警告しています。

約40人のエコノミストを対象とした中央値予測によると、日本の今四半期の国内総生産(GDP)成長率は年率に換算した6.1%で、先月世論調査で予想した5.1%をはるかに上回る成長率を記録すると予想される。

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

これは、第3四半期の3.6%スランプに続くものであり、COVID-19のケースが夏に急増した後に感染症抑制措置が解除された後、経済が健康危機から着実に脱退することを望む政策立案者は歓迎されます。

Fukoku Mutual Life InsuranceのシニアエコノミストであるToshiaki Onoは、「消費が一度にコロナウイルス以前のレベルに回復すると想像するのは難しい」と述べた。

同氏は「外国人数の増加は、サービス支出が危機以前より低く維持されても、今四半期の経済成長率を高める可能性がある」と述べた。

2022年の第1四半期の成長率は年率で4.9%と予想され、先月アンケート調査で予想した4.2%の成長を上回ると12月3~15日の世論調査で現れた。

政府は先月、4900億ドルの支出パッケージを発表したが、これは危機モード景気浮揚策の緩和という世界的な傾向に反対する大流行の影響を相殺するためのものだ。

アナリストらは、GDPの半分以上を占める民間消費が政府の支出パッケージ、特に国内観光キャンペーンを再開する計画の恩恵を受けるという希望を表明した。

ただ、今回の会計年度の中間世論調査予測値は先月3.1%から2.8%に下方調整され、来年会計年度は2.8%から3.1%に上方調整された。

ボラティリティの高い新鮮な食品価格を除くコア消費者物価は、翌年度に0.8%上昇すると予想しており、これは先月見込まれた0.7%上昇と比較される数値です。

これは先月と変わらない今回の年度の数値に従います。

調査によると、90%以上の経済学者が、石油、エネルギー、原材料価格の変化が来年の経済に損害を与える可能性があると答えました。 経済。

UBS証券のマサチチ・アダチ日本のシニアエコノミストは、投入価格水準の変動の可能性は、企業が積極的に事業を拡大することを困難にする可能性があると述べた。

Adachi氏は、「輸入コストによる投入価格の大きな変化は、企業が運営を管理することをより困難にする可能性がある」と述べた。

(ロイターグローバル経済世論調査の他の記事:もっと読む)

今すぐ登録してreuters.comへの無料無制限アクセス

Daniel Leussinkによる報告。 Md Manzer HussainとDevayani Sathyanによるアンケート調査 Shri Navaratnamの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  北日本の会社、リヨン駅に臨時弁当店オープン

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close