米ドル、円に対して38年ぶりの最高値更新、ユーロ上昇

1 min read

ニューヨーク – 月曜日、米ドルは円に比べて38年ぶりに最高値を更新しました。 長期の国債利回りが急騰するにつれて、投資家は日本当局が通貨を強化するために介入するかどうかについて高い警戒心を維持している。

円安は、日本経済が第1四半期に初めて報告されたものよりも多く萎縮したという資料によってさらに深化しました。

一方、ユーロはフランスの極右が議会選挙の一次投票で説得力があり、歴史的な勝利を収めたが、一部の期待に達せずに月曜日に上昇した。 これは、次の週末に行われる2次投票の前に、最終結果が政党間の交渉の結果によって変わる可能性があるためです。

午後の取引では、ドルは1986年以来最も強力な水準である161.72円で急上昇しました。 最後に0.4%上昇した161.48円でした。 円は今年12%以上下落しました。

ニューヨークにあるBannockburn Global Forexの上級市場戦略家であるMark Chandler氏は、「私たちは一方的な市場として定義されているレベルに近づいています。

「人々は介入において薄い氷の上にあることを知っています。しかし、彼らは円安が財務省の収益率の上昇と日本の金利引き上げの鈍化に関連していることを知っています。見ます」

予想よりも弱い経済成長を示すデータは、日本銀行の次の金利移動に不確実性を加えた。

日本銀行(BOJ)は、7月末に会議を開き、借入費用を引き上げる可能性があることを示唆しています。高いアメリカ国債に集まるようになったからです。

月曜日に発表された別の資料によると、6月の日本サービス部門の企業雰囲気が悪化し、工場の信頼性が大幅に上昇したことを相殺しました。

円の下落により、ユーロは32年ぶりに最高値の173.68円まで上昇しました。

ユーロは、ドルに対して0.2%上昇した1.0736ドルを記録しました。

ユーロのリスク軽減?

日曜日に行われたフランス議会選挙の一次投票で、マリン・ルペンの極右国民連合(RN)が大きな差で勝利したことが出口調査で現れたが、アナリストたちは一部世論調査が最初に予測したより国民連合の得票率が低くなった。株式と債券が急騰したと指摘した。

フランスの極右が6月上旬に欧州議会選挙で勝利した後、ユーロは約1.3%下落し、エマニュエル・マクロン大統領は早期総選挙を実施すると宣言しました。

「危険緩和です。フランス選挙に入りながら多くのヘッジが解放されるのを見ています。」 ロンドンのMonex Europeで、外国為替分析の責任者であるSimon Harvey氏は語った。

投資家たちは、フランス国民戦線がマクロンとの「同居」を通じて執権し、莫大な支出とユーロに懐疑的な政策を進めることができるという懸念を表明した。

ユーロの上昇により、ドルはしばらく別の通貨に比べて下落傾向を示したが、金曜日に発表された資料によると、5月に米国のインフレが緩和されたことが示され、連邦準備制度が今年末に金利を引き下げるという予想が固まった。

ドル指数は最後に0.1%上昇した105.84を記録しました。

ドルに比べてポンドは1.2643ドルで変動はなく、オーストラリアドルは0.2%下落した0.6654ドルを記録しました。

6月、米国製造業指数が予想値である49.1より低い48.5に下落したというデータが発表されると、ドルがしばらく下落しました。

5月の米国建設支出も予想よりも弱気で、0.1%減少したが、これは0.2%増加するという予想値と対照的だ。

CME FedWatchツールによると、市場価格は9月に連邦が金利を引き下げる可能性を約63%と指摘しているが、1ヶ月前だけでも可能性は55%であった。

READ  日本の株式市場は、経済不安、円高で下落
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours