経済

米ドル、日本円に比べ5年ぶりに最高値で急騰

米ドルは金曜日の日本円に比べて急上昇し、来週、連邦と日本の銀行が金融政策会議を準備するにつれて、5年で最高値を記録しました。

ドルは日本通貨USDJPYに対して0.9%上昇しました。
+1.00%
Tullet Prebonデータによると、2017年1月4日に最後に見たレベルで取引された117.17円を取得します。 11月以降、円に対するドルの最も強力な1日の上昇幅になります。

BMOキャピタルマーケットの通貨戦略家であるGreg AndersonとStephen Galloは、金曜日のメモで、「今日(そして間違いなく今週)、最も注目すべきFXの動きはUSDJPYの抵抗線突破です。

通貨ペアは今年初め116円以上で2回旅行したが、116.30円水準付近で売りに出会い、急激に下落したと彼らは指摘した。 しかし、金曜日のアジアセッションの初めに116.40まで上昇し、しばらく後退し、2番目の波で116.50を突破しました。

AndersonとGalloは、米国債の利回りの動きを考えると、120円以上で取引する必要があると主張し(以下のチャートを参照)、石油CL.1、
+3.05%

BRN00、
+2.91%
1バレルあたり100ドル以上で取引されるのは、エネルギー収入に対する国家の依存度を考慮すると、円に「非常に否定的な」要因です。

BMO資本市場

彼らは、価格措置が日本の3月31日会計年度末を控え、日本の金融機関の一般的な取引を反映しているように見えると述べた。

一方、連盟は来週の会議で金利引き上げを開始することが広く予想され、トレーダーは連邦基金の金利の4分の1ポイント引き上げを期待しています。 FOREX.comとCity Indexのグローバルリサーチ責任者であるMatthew Wellerは、エネルギーと原材料価格の上昇にもかかわらず、日本中央銀行(BOJ)が経済成長とインフレの見通しを下げる可能性があると述べた。

トレーダーらは、Fedが木曜日に経済成長に打撃を与えるロシアのウクライナ侵攻によるインフレリスクを強調した欧州中央銀行の足跡に従うことを熱望すると述べた。

連盟の4分の1ポイントの印象はほぼ「取引完了」と考えられているが、「ポイントチャート」として知られる連盟の経済展望要約発表と貸借対照表縮小計画の指針はドル/円に大きな影響を及ぼすだろうとWellerは言いました。

READ  東京証券取引所会長、コーポレートガバナンスに対する日本の進展を擁護

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close