経済

米商工会議所、新日米ビジネス協議会議長発表

ワシントンDC – 米国商工会議所は本日、本子ホサカ・ムラニーがUSJBC(US-Japan Business Council)の常任取締役に任命されたと発表した。

ムラニーは最近、アジアグループの副社長に就任し、企業リーダーに日本の経済、地政学、市場環境に関する戦略的ガイダンスと分析を提供しました。 アジアグループの前に、彼女は日本で10年間の経験を持つベテランビジネスジャーナリストでありメディアリーダーでした。

米国商工会議所アジア担当上級副社長のCharles Freeman氏は、次のように述べています。 「彼女は日本の豊富な経験と深い専門知識とともに組織を強化し、会員に良いサービスを提供するためのグローバルネットワークを提供します。」

Mullaneyは、「日米ビジネス協議会と米国商工会議所に参加することができ、とても光栄です。 「私は、USJBCが今日の挑戦的なグローバル環境において、これまで以上に重要な日米経済パートナーシップで不可欠な役割を長く尊敬してきました。 USJBCチーム全体、メンバー、パートナーと協力して、両国のユニークな関係を強化し続けていただき、とても嬉しいです。」

トモコは以前、アジアグループの副社長、ワシントンDCのAPコミュニケーション経済部長、Plympton Inc.の最高経営責任者、Ustreamのニュース、政治責任者を務めていました。

東京で彼女はAssociated Pressでビジネスおよび技術記者として4年、Dow Jones Newswiresで日本のニュース編集者として3年間働きました。 彼女は、東京の早稲田大学で国際関係の修士号を、ノースウェスタン大学でメディアの学士号を取得しました。

日米ビジネス協議会について

1971年に設立された米国商工会議所の日米ビジネス協議会は、ワシントンDCに基づくビジネス協会で、日本における米国のビジネス利益を促進し、米国と日本間の経済的絆を強化することを使命としています。 USJBC会員は、日本との米国経済活動全体にわたってかなりの部分を占めており、日本で事業を遂行し、両国間で可能な最も協力的で好意的な経済関係を構築することに最優先事項を置いています。

READ  Lucence、早稲田大学と協力して、がん検診のための統合された液体生検プラットフォームの開発

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close