経済

米国、日本、中国を外国為替モニタリングリストに保持

政治経済


ワシントン、6月10日(Jiji Press) – 米国財務省は、金曜日、米国との貿易黒字が大きな日本と中国を外国為替活動のモニタリングリストに維持すると明らかにした。

一方、部門が発表した半期報告書によれば、不当な利益を得るために通貨を操作したと見なされる主要な貿易パートナーはありません。

報告書は、日本に関しては、主に米国との金利差により円安が大きく下落したと指摘した。 実際に効果的な基準で円は「現在50年の最低値に近い」と報告書は伝えた。

報告書は「日本政策立案者らは新種コロナウイルス感染症(コロナ19)の流行の中で経済を支援するために適切な規模の財政及び通貨対応を提供した」と話した。

国防部は「適切な事前協議を通じて非常に例外的な状況でのみ介入を保留しなければならない」と強調した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

サポートプレス

READ  アベノミックスを擁護する安倍、「馬鹿」自民党報告書草案反対

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close