理科

米国、日本、軍事研究開発協力の強化

特別報告:米国と日本、軍事研究開発協力の強化

日本FX戦闘機のコンセプトアート

日本 Mod コンセプト

これはクワッドに関する4部作特別報告書の2部です。

米国と日本はすでに近い軍事同盟国であるが、両国が国防研究開発協力機会をさらに探索するにつれて、これらの関係は今後さらに緊密になる可能性がある。

2つの国は、オーストラリアとインドとの技術協力を強化するために動いているQuadとして知られる国のグループの一部です。

ストックホルム国際平和研究所(Stockholm International Peace Research Institute)の国際武器移転動向に関する最新の年次報告書によると、米国は2016年から2020年まで島国の防衛装備収入のなんと97%を提供する日本の最高の国際武器販売局でした。

報告書は、「日本の武器の輸入は、米国の新しい武器の注文に基づいて増加し続けるだろう」と述べた。
また、米軍と日本軍は随時合同訓練を実施しており、浮上する太陽の土地にはアンクルサムの兵力5万人余りが駐留している。

New American Securityシンクタンクセンターのインド太平洋安全保障プログラムのフェローであるJacob Stokesは、「東京の場合、日米両者間の防衛関係が日本の防衛にとって最も重要なものだ」と述べた。

彼は、中国の軍事近代化と地域的な自己主張に対する懸念が、日本の脅威認識、電力計画、防衛投資を導く主な要因であると指摘した。

東京が購入または購入する予定の主要な米国産システムには、F-35合同打撃戦闘機のAおよびB変形、V-22 Ospreyチルトロッター航空機、イージス海軍武器システム、PAC-3ミサイルセグメント強化迎撃機、E-2D Advanced Hawkeye指揮、および制御航空機、RQ-4 Global Hawk情報、監視および偵察ドローン、SM-6ミサイルおよびその他の機能。

日本防衛省獲得技術軍収庁装備政策課長松本京介は最近、国際安保産業協議会(ISC)が主催したウェビナーで通訳会社を通じて「米国産装備をかなり多く購入した」と話した。 日本の。 「私たちは多くの分野で、特に非常に多種多様な先進技術にアメリカに頼ってきました。」

しかし、日本や米国などの民主主義国家は、軍事研究開発に多大な投資をしている中国に比べて技術優位を失う危機にあると、ATLAの鈴木敦夫局長が警告した。

彼は去る9月、ワシントンDCの戦略及び国際研究センターで開かれたスピーチで「技術的優位を完全に失わないためにはR&Dにもっと投資をしなければなりません。私たちの限られた資源を使うこと」と付け加えた。

日本防衛省は2022年度に研究開発に約28億ドルを要求しているが、これは前年度より50%増加した。 彼は、その大部分が、宇宙、サイバー、電子戦、人工知能、指向性エネルギー武器などの「プレートを変える」技術に投資するために使用されると述べた。

さらに、ATLAは、技術の発展を支援するために、機関の外部で高度に熟練したエンジニアを募集しています。
日本と米国はすでにレイシオン(Raytheon)と三菱重工業(Mitsubishi Heavy Industries)が建設したSM-3 Block IIAミサイル迎撃体など軍事能力の共同開発および共同生産を推進してきた。 しかし、東京はその成功に基づいて、ペンタゴンの研究部門とエンジニアリング部門と新しいプロジェクトの協力を強化したいと考えています。

松本は「未来の装備と技術について考えるとき…」 より多くの協力分野を模索し続けなければなりません。

「特に最先端技術のためにR&Eとの絆を強化しなければなりません。」

中国軍をいわゆる「持続的な脅威」と見ているペンタゴンは、日本とより多くの協力をするという意味を示した。

研究とエンジニアリングのための新しい米国国防総省の次官であるHeidi Shyuは、彼女の主な目標の1つははるかに強力な国際パートナーシップを構築することであると述べました。

彼女は去る10月ワシントンで開かれた米陸軍協会年次会議で記者ブリーフィングで「私たちが行っている道はまさに共同研究を行い、一部共同開発を行い、技術を迅速に発展させること」と話した。 、DC

「同盟が同じ機能、同じ製品を持っている場合、相互運用性の問題を取り除くことができます」と彼女は付け加えました。 「私たちは一人で戦争では戦いません。 私たちは常に同盟国とパートナーと戦います。 そのため、新しいシステムを開発する際には、最初から協力するのが合理的です」

去る7月に就任したシューは、国防部にすでに日本側と協議したと明らかにした。

彼女は極超音速と量子技術をいくつか例に挙げています。

その後の会議は、科学と技術の努力と共同開発の機会のための方法を具体化するために計画されています。

一方、米国航空宇宙大企業ロッキードマーティンは、2030年代にF-2を置き換える予定のFXとして知られる次世代戦闘機の日本開発に対する技術支援を提供することに決定されました。 Northrop Grummanも参加します。

昨年末、三菱重工業が業界の努力を主導するように選定され、国防省はその後国際協力計画を発表した。

外交部は3月に発行した政策報告書で「FX開発において国防部は米国の必要な支援と協力を受け、このプログラムを推進することにした」と明らかにした。

国防省は、コストと技術的リスクを減らすためのエンジンや航空電子工学などのシステムレベルでのFXに対する可能な協力について、英国はもちろん米国と議論し続けると付け加えた。

Mitsubishi Heavy IndustriesのパートナーとしてLockheed Martinを選ぶと、FXとF-35の相互運用性が促進されると、国際戦略研究研究所の軍事航空宇宙分野の上級研究者であるDouglas Barrie氏は語った。 ロッキードはF-35の主契約者です。

彼はブログ記事で「日本の戦闘機の選択:追加された側面を持つ反復命令」というタイトルのブログ投稿で、「この選択は中国の成長する力に対応するため、日本と米国の間の安全保障・防衛産業関係をさらに密接にと結びつけるだろう」と書いた。 ?」

彼は「しかし、日本が今後数年間でFXに適用できる武器およびシステム技術の開発を追求し続ければ、東京が他のパートナーとの2段階防衛産業関係を引き続き強化する可能性が残っている可能性がある」と付け加えた。 。

戦略と国際研究センターの日本の議長であるニコラス・セチェニイは、米国と日本が、限られた資源をどこに投資すべきかを考えながら、新しい軍事技術をより早く習得したいという願望に関して同様の課題に直面していると述べた。

彼は「私たちは日米同盟で非常に興味深い時期に中国の脅威が増加するにつれて、両国が能力を開発する必要性を認識している」と話した。

彼は「両国政府間に多様な国防協力問題を解決するための良い構造が設けられており、同盟協力のための次の段階を識別するため、いわゆる2+2会議を別の計画に組織する計画」と話した。 米国国務長官と国防長官と日本側長官との対話。

彼はSM-3ブロックIIAを例にとり、ミサイル防衛は両国が協力した歴史がある分野の一つだと指摘した。 しかし、日本では、将来この種の能力に投資する方法について明確な合意はないと付け加えた。

状況認識を向上させることは、協力のために漂うことができる別の領域であると彼は言いました。

同氏は「同盟の活力を維持し、未来に抑制力を確保する鍵は、この地域で何が起きているのかに対する共通の作戦像を作ること」と述べた。 「技術的協力だけでなく、情報共有と情報共有も必要です。 そしてそれが同盟の重要な優先順位です。」

これは、今後数年間、この分野で協力をさらに強化することができる「大きな潜在力」があることを示唆していると付け加えました。

一方、近年、東京の政策変化は、日本がより多くの攻撃システムと「分離」武器を獲得する機会を提供しました。 ペンタゴンとアメリカの防衛産業は、さまざまな新しい空中、地上および海上ベースの長距離武器を開発しています。

「今、日本がいわゆる打撃能力やミサイルを獲得することについて政治指導者たちの間に強力な議論があります。 … 日本がその能力を別々に開発するのか、それとも相互運用性やミサイルをさらに支援するために日米同盟の傘下で行うのか、共同作戦計画だ」とSzechenyi氏は語った.

彼は、軍事技術に関して、日本の指導者たちは、独自の能力開発と米国の支援の間で適切なバランスを見つけようとしていると指摘した。

彼は「日本が力量を強化できる潜在力は多いが、優先順位が何なのかについての議論は今始まったばかりだと思う」と話した。 「最終的には、既存の米国技術への依存とそれを迅速に習得しようとする努力、日本が自ら防衛産業を開発・維持できる領域を識別する組み合わせになると思います。 しかし、この議論は非常に流動的であるため、時間の経過とともに進化するでしょう。」

新米安全保障センターのストークスは、日米国防協力を深化する上で最大の障害物は政策や規制障壁ではなく主に政治的・財政的だと述べた。

彼は米国が一般的に日本の先端防衛能力を喜んで売却する容疑があると指摘しました。

彼は「主要政治的障壁は日本が軍の憲法的自衛的役割に対する持続的な再解釈と、こうした見方が特定の任務と能力に意味するものだ」と述べた。 「財政的障壁は日本の比較的少ない防衛費支出から来ているが、トレンドは変わることがある」 東京の軍事予算が増加しています。

日本は現在、年間国防費で約500億ドルを支出している。 これに対してペンタゴンは2021年に7000億ドル以上を受けた。

米国と協力することに加えて、日本はQuadrilateral Security Dialogueの他の2つの加盟国であるオーストラリアとインドとの関係を強化してきました。

日本は、オーストラリアとインドとの共同研究努力が限られており、潜在的な移転について「候補技術」について議論したと松本は指摘した。

コア技術と新興技術はQuad協力の主要な柱だが、明示的に軍事技術よりも民間技術にもっと重点を置いているとStokesは指摘し、Quadは軍事同盟ではないと付け加えた。

Szechenyiは、Quadが防衛産業協力に発展する可能性がありますが、そうすれば長期的な発展になると述べました。

一方、ワシントンは東京およびキャンベラと両者防衛条約を結んでおり、三国間の三者軍事ネットワークは「非常に堅固だ」と彼は言いました。

「防衛協力のための方法だけでなく、決意を示す他の方法を識別する三国戦略対話が長く続いてきた。 [Asia-Pacific] 地域」とストークスが言った。 「それは大きな可能性を持っています。」

パート1 – The Quad:中国に立ち向かうための国防技術同盟の構築

トピック: グローバル防衛市場

READ  5年に渡って撮影した「オリオン星雲」を1枚の写真に収めた孟子が登場、超高解像度と超美麗な写真が公開中 - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close