米国、日本、韓国外交官、北朝鮮の戦略検討

Estimated read time 1 min read

ロンドン(AP) – 米国、日本、韓国は北朝鮮を押し通すの努力を傾けています。 北朝鮮がこのような圧力を拒否したにもかかわらず、核交渉に戻ります。

アンソニーブルリンケン米国務長官と彼の日本と韓国側水曜日国際会議で会っバイデン政権の最近の仕上げされた対北朝鮮政策の検討を検討しました。 3者会談は、月曜日にロンドンでブルリンケン、茂木豊島みつ、日本の外務大臣、定義用外相が別に会談した後、続いた。

ネッドプライス米国務省報道官は声明で「北朝鮮の核と弾道ミサイルプログラムの共通の懸念」を議論して、「朝鮮半島の非核化のための3者の協力公約を再確認した」と述べた。

プライスは「彼らはまた、国連と北朝鮮を含む国連加盟国の国連安全保障理事会決議を完全に履行し、拡散を防止し、朝鮮半島の抑止力を強化し、平和と安定を維持するために協力しなければならないということに同意した」と述べた。

ジョー・バイデン、大統領の政策検討のための広範な概要は、オバマ政権の「戦略的忍耐」ポリシーだけでなく、指導者間の対面会議を介して即座に包括的な取引のためのトランプ政権の目標を避ける段階的対北朝鮮のアクセスを要求します。

READ  日本政府は、企業に新しいSakhalin-1オペレーティングシステムの持分申請を要請したと述べた。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours