米国、通話監視リストに日本を追加

1 min read

米国は木曜日の通貨慣行に「細心の注意が必要な」主要貿易パートナーの「モニタリングリスト」に日本を追加し、為替操作局として指定された場所はないことを再確認しました。

財務省の半期別報告書は、貿易優位を確保するために外国為替市場に積極的に介入する貿易黒字が大きい国を見ています。

財務省は、報告書で、日本が「強化された分析」に必要な3つの基準のうち2つ、すなわち「かなりの経常収支黒字と米国との相当な量子貿易黒字」を満たしたと明らかにしました。

しかし「外国為替市場に持続的に一方的に介入した」という3次試験に合格できなかったと評価された。

米国機関は声明を通じて、日本が中国、日本、台湾、マレーシア、シンガポール、ベトナム、ドイツをモニタリングリストに含めたが、強化された分析を受けることができる3つの基準を全て満たす国はないと明らかにした。

広告 – 続行するにはスクロールしてください。

財務省は「2023年12月までの第4四半期の間、米国の主要貿易相手国のいずれも効果的な国際収支調整を妨げたり、国際貿易で不公正な競争優位を確保する目的で自国通貨と米ドル間の為替レートを操作しないなかった」と述べた。

日本のこれらの追加措置は、ロシアが2022年2月にウクライナを侵攻する前に、1ドルあたり約115ドルからほぼ160ドルまでの円高を強化するために、4月に当局が通貨市場に介入し始めた後に来たものです。

これは、一部の他の中央銀行が金利を引き上げている間、日本銀行が超低金利を維持することを決定したためです。

広告 – 続行するにはスクロールしてください。

先月末に発表された政府資料によると、当局は日本の通貨を支えるために約620億ドルを費やしました。

ダ/デス

READ  モダナ、日本政府とモダナのコロナ19ブースターワクチン7000万ドーズを日本に追加供給することで合意
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours