経済

米国、通貨慣行の「モニタリングリスト」に日本と中国を維持

財務省は、金曜日に日本と中国が潜在的に「不公平な」通貨慣行を監視している国のリストに残っていますが、米国の主要貿易パートナーを操作局として指定することは控えていると述べました。

通貨運営について議会に提出する半期報告書では、この部門は、外国為替介入データを開示せず、為替メカニズムの主要機能に対する広範な透明性不足を理由に、中国を主要経済局の中で「異常値」と呼びました。

報告書は「特に国営銀行の活動は財務省の綿密なモニタリングを正当化する」と述べた。

この部門は、米国との貿易黒字規模、国内総生産(GDP)対比経常収支黒字規模、貿易への介入程度など3つの基準を通じて、ある国家が不公正貿易優位を確保するために為替レートを操作したかどうかを評価します。 。 外国為替市場。

最近の報告書は、日本が2016年4月以降、すべての報告書で3つの基準のうち2つを満たし、現在「米国とのかなりの量子貿​​易黒字と結合した実質的な経常収支黒字」を持っていると指摘した。

日本の経常収支黒字は商品輸出増加で2020年2.9%から2021年6月までGDPの3.5%に増加しました。 報告書によると、米国との商品およびサービス貿易黒字は570億ドルで、2020年同期間より26%増加した。

一方、日本の通貨当局は、2011年以降、米ドルやその他の主要通貨に対して円を弱めるために外国為替市場に介入していません。 円の上昇は、輸入が本国に送還されると日本の輸出業者の利益に悪影響を及ぼします。

日本と中国に加えて、ドイツ、インド、アイルランド、イタリア、マレーシア、メキシコ、シンガポール、韓国、タイ、スイスなど10の異なる米国貿易パートナーが特別な注意を払うべき「モニタリングリスト」を構成しました。

スイスは、4月以前のレポートから為替操作局に以前のリストから削除されたリストに新しく追加されました。

12月の報告書はまた、ベトナムと台湾が為替相場と見なされるすべての基準を満たしていると述べた。 しかし、財務省は、米国の懸念事項を解決するための努力が進行中であることに言及しながら、実際にそのようなラベルを指定することを控えました。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  新しいFire TV Stick、4,980円。 50%強力でHDR対応年内に新しいUI - AV Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close