トップニュース

米国が禁止した顔認識技術、日本JCVに売却

米国所有のマスターカードとビザは、ブラックリストに上がった中国企業からこれを入手した日本企業から顔認識技術を購入し、所有者に潜在的な地政学的な悩みを引き起こしました。 ソフトバンク

SoftBank Groupの無線事業部が所有するJapan Computer Vision(JCV)は、近年、主要な取引に拡大しました。

しかし、提供する顔認識技術は中国企業であるSenseTime Groupの知的財産権を使用しているため、急増するリスクに直面しています。 アメリカが人権問題でブラックリストに掲載

JCV-SenseTimeパートナーシップは、2つの主要市場である米国と中国の間で緊張が高まっている間でも、孫正義社長が自社の大企業を中立的な立場に置こうとするソフトバンクの困難なバランス行動を強調します。

SenseTime、JCVとのパートナーシップの強化

JCVは、SenseTimeとクレジットカード会社を互いに距離を置いていると述べた。 中国企業は、MastercardとVisaのシステムまたはデータにアクセスできない技術パートナーです。

SenseTimeは、ReutersにJCVとのパートナーシップを強化することを目指しており、JCVは企業に役立つと信じており、同社は基準を確保するために倫理委員会を設立したと述べた。

JCVは、データ漏洩のリスクを確認するために、サードパーティのイスラエルサイバーセキュリティスタートアップCYEがその顔認識技術を監査し、会社はユーザーに顔認識システムの選択と選択を解除するように依頼すると述べた。

マスターカードは、すべてのバイオメトリックチェックアウトプログラムパートナーが欧州連合のデータ保護基準に準拠する必要があると述べました。

Visaは、決済におけるバイオメトリック使用の定義に取り組んでおり、これらの技術がセキュリティシステムを確保するのに役立つと信じています。

  • ロイター、ジョージ・ラッセルの追加編集

もっと読む:

日本ソフトバンクグループ、ナスダック上場に賛成

閉鎖期限切れで中国SenseTime株価51%急落

アリババ、ウイグル族顔面認識技術に「恥ずかしい」

ジョージ・ラッセル

ジョージ・ラッセル(George Russell)は、香港を拠点とするフリーランスのアーティストであり、編集者で、1996年からアジアに住んでいます。 彼の仕事は、フィナンシャルタイムズ、ウォールストリートジャーナル、ブルームバーグ、ニューヨークポスト、バラエティ、フォーブス、サウスチャイナモーニングポストに掲載されました。 。

READ  フェルースタトペᆫ「予選3回目の戦いは激戦になる。ルノーは危険な存在」レッドブルホンダ[F1 제 10 전 금요일]- オートスポーツweb

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close