経済

米国と同盟国は、緊張の新たな段階で、中国のサイバー攻撃を非難

ワシントン/東京 – 月曜日、米国、ヨーロッパ、日本などは、中国が3月に発見されたのMicrosoft Exchangeメールサーバーへの攻撃と接続されている「悪意のあるサイバー活動パターン」を、中国を非難した。

ホワイトハウスは声明で「このような行動への懸念は、各国がこれらの活動を促し、ネットワーク防御とサイバーセキュリティを促進し、私たちの経済と国家安全保障への脅威を妨害する行動をとるようにしている」と述べた。 このグループには、米国、日本、オーストラリア、ニュージーランド、欧州連合とNATOが含まれます。

調整された対応は、米 – 中緊張の新たな局面を意味し、ワシントンは疑われる悪い行動に対して、中国を孤立させようと努力を拡大しています。 また、中国がインターネットを介して電力を投射するために必要な技術格差を狭めるために、米国の警戒心を表わす。

重要な質問は、米国の同盟国がウイグルのイスラム教徒の虐待の疑いで、中国を糾弾したときと同じように調整された制裁が続くかどうかだ。 日本は中国に対して強硬な立場をとることにより、経済的な影響を受けるか懸念している中で、日本は、特に、その調整された措置に欠席しました。

「米国と私たちの同盟国、パートナー国は [China] 責任を負わなければならない」と米国高官が日曜日の記者に言って制裁がテーブルの上にあることができると示唆した。ワシントンは、中国高官に懸念を伝えたが、管理は言った。

マイクロソフトの攻撃に対して声明は、中国国家安全部傘下「サイバーオペレータ」は、ソフトウェアの脆弱性を悪用して、「全世界的に数万台のコンピュータとネットワークを損傷」させたと主張しました。 ホワイトハウスはまた、中国政府と連携したハッカーがランサムウェア攻撃に参加した明らかにした。

人民解放軍が宇宙局JAXAのサイバー攻撃に関与したことが疑われている、日本政府は「自由、公平で安全なサイバースペースに実装された民主主義の基盤を潜在的に損なうことができる悪意のあるサイバー活動を容認することはできない」と述べた。

バイデン政権のメッセージは、ヨーロッパに鳴り響いた。

「中国政府は、この体系的なサイバー破壊行為を終了するし、 [to] ドミニクラブ英国外相は「中国がサイバー攻撃に直接関与したと非難しませんが、中国が責任ある国家の行動規範を遵守し、自国の領土が、悪意のある攻撃に使用されることを可能にしていない」と促した。 サイバー活動 “

これとは別に、米司法省は、中国国家安全部傘下のハッカー4人をいくつかの国では、政府、企業、その他の標的への攻撃と関連長年かけて起訴したと発表した。

マイクロソフト事件のほか、オーストラリア政府は、昨年6月に、一般的に、中国と推定される「国家ベース」行為者のサイバー攻撃が国を襲ったと発表しました。 翌年10月にインドの商業の中心地であるムンバイで発生した停電も中国ウイルスに起因することが明らかになりました。

中国、ロシア、北朝鮮のような国の支援を受けるグループによって実行されるサイバー攻撃は珍しいことではありませんが、月曜日に、米国とそのパートナーがしたように一般に特定の国を回したことは非常に異例なことです。

ジョー・バイデン米大統領は6月G7サミットでは、これらの努力のための道を磨いて、他の指導者たちが、中国が支援するサイバー攻撃に対抗しなければならないと促しました。

米国は3月、米国、英国、欧州連合、カナダが腎臓ウイグル族イスラム教徒の少数民族に対する人権侵害の疑いを糾弾した後、中国の管理者に課せられた制裁と同様の具体的な措置がパートナーシップのための次のステップとなることを希望している。

また、月曜日FBIと国家安全保障局(National Security Agency)は、中国のハッカーが政府機関、大学、医療機関を含む全世界の標的に対してより強力なサイバー防御を促進するために使用される約50種類の戦術と方法を説明する勧告を発表しました。

攻撃は、多くの場合、ビジネスソフトウェアの脆弱性とコロナウイルス感染症の中で、より多くの人々が在宅勤務をすることになり、より広く使用されてクラウドサービスを対象としています。 ユーザーが悪質なファイルをダウンロードするように誘導するフィッシングメールは、別の一般的な戦術です。

この勧告は、不正アクセスのシステムをより綿密に監視し、第三者と共有されるデータを最小限に抑え、疑わしい電子メールを避けるようにユーザーを教育することを促しました。 また、Microsoft Officeファイルのマクロを無効にして多要素認証を使用することをお勧めしています。

岩井博樹東京素材サイバーセキュリティコンサルティング会社のサイトの代表は、「中国はサイバー攻撃を国家戦略の一環として、視した」と述べた。 岩井は、中国が経済政策の核心に据えた技術を盗むために攻撃を敢行していると言いました。

READ  資産1億ウォン以上「金持ち」132万7000世帯コロナ流行に変化資産運用:J-CAST会社ウォッチ[전체보기]

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close