トップニュース

米国と日本、新たな軍隊取引後の戦略的協議開催 – 104.5 WOKV

ワシントン — (AP) — 米国と日本の上級管理者は、交渉者が原則として日本駐留米軍駐屯費用を支払うための新しい公式に同意することで、トランプ時代の議論を終結させたわずか2週間で戦略と安全保障協議を開催します。

米国と日本の外務大臣と国防長官の仮想会談は、同盟国と中国の間の緊張が高まるにつれて行われました。 木曜日早く日本とオーストラリアが防衛協定を締結し、懸念が現れました。 日本がどの国とも締結した最初のそのような協定です。 米国他。 協議はまた、懸念される北朝鮮の新しいミサイル試験発射直後に行われました。

ネッドプライス米国務省の広報担当者は、今回の会談で「米国と日本が自由で開放されたインド・太平洋地域を発展させるために同盟を強化し、現代化できる方法」を模索するだろうと述べた。

しかし、議題はコロナウイルス症例の急増によって複雑になる可能性があります。 日本はコロナ19拡散で米軍基地封鎖のための会談が始まる数時間前に米国に要請した。

その要請は、日本の外務大臣、吉正林(Yoshimasa Hayashi)が木曜日のいわゆる「2+2」会談前に一対一の電話通話でアントニー・ブリンケン(Antony Blinken)国務長官にしたことです。 岸野武夫防衛賞。

会議は、特にオースティンがウイルスに対して陽性であり、彼のスポークスマンジョンカービーが軽症状として描写したと自宅で隔離した後、COVIDの懸念のためにビデオ会議で開催されます。

Hayashiは、Blinkenは、米国が人々の健康を確保するために最大限の努力を払うことを約束したが、基本的な通行禁止令が下されることはすぐには明確ではないと述べた。 日本駐留米軍は要請について言及しなかったが、チームが事例と傾向を注意深く監視していると述べた。

Hayashiの要求は、米軍が予防接種を受けた人を含め、すべての人員が基地で3回目のコロナウイルステスト音声判定を受けるまでマスクを着用させるなど、より強力な措置を約束しながら出たものです。

日本南部の沖縄や岩国を含め大規模に駐留している地域で米軍がコロナ19の確定者が急増すると、米軍に対する批判があふれた。 米米軍のコロナ19感染者は現在合計1,784人で、そのうち約3分の1が沖縄で発生するとUSFJが明らかにした。 岩国は529件の事例を報告した。

しかし、日本首相岸田文夫(Fumio Kishida)政府は、米軍駐屯のメリットをはっきりと見ており、クリスマス直前の金曜日に東京で正式に署名されると予想される米国と新たな費用分担協定に同意しました。

ドナルド・トランプ元大統領は、海外に米軍を配置する費用を非難し、日本を含む駐留国が多くの国が提供する準備ができているよりもはるかに多くの費用を支払うことを要求し、アジアとヨーロッパの同盟国との関係をひどく緊張させています。

ジョーバイデン大統領政権はこの不一致を緩和するために努力し、4月の費用問題で韓国とのデッドロックを解決しました。 12月21日、日本と新たな4年の「特別措置協定」に対する合意は、その政策のもう一つの可視的な結果だ。

岸は両側が米軍が日本の土地に新しい基地を建設できる門も開いたと23日、教徒通信が報道した。 例えば、中国軍と台湾軍との戦い。

2026年までに行われるホスティング契約条件により、日本は米軍駐留を支援するために年間約18億2000万ドルを支出する予定だ。 GAOによると、米国は日本に約55,000人の兵力を駐留しており、ここには世界最大の前進配置米軍となる。

米国務省は「この協定は防衛への相互投資の拡大と米軍相互運用性の改善を促進し、日本の費用分担金の増加を含む」と述べた。

米国と日本は、これらの条件を強調することに加えて、インド太平洋地域における中国の増加する主張に対抗するために協力と調整を強化し、北朝鮮を核兵器プログラムの交渉テーブルに戻すことができる方法を模索することを望んでいます。 。

中国では、米国と日本はすでにオーストラリアとインドを含むいわゆる「クアッド」の一部であり、特に東シナ海と南シナ海で中国の侵略と見られることを鈍くすることを目指しています。 バイデン元副大統領は昨年の執権後、二度の指導者会議を主催した。

日本の努力の一環として、日本は木曜日の初めにオーストラリアと防衛協定を締結しました。

同時に、米国と日本は水曜日に約2ヶ月で初めて武器を発射し、海に弾道ミサイルを発射した北朝鮮の脅威についてますます心配しています。

北朝鮮が「超超音速ミサイル」と言ったことに対する水曜日の試験は、北朝鮮が近いうちに非核化会談に再び参加することに関心がなく、むしろ武器と強化に集中するという信号で広く考えられています。

バイデン政権の重ねられた懇願にもかかわらず、北朝鮮は核問題の予備議論に再び参加することを拒否した。 プライスは、北朝鮮が国連安保理決議に違反した追加実験を控えるよう促し、会談再開の提案に応じるよう促した。

READ  地震情報:Light mag。 4.5の地震

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close