米国と日本がEVバッテリーの鉱物取引を締結ビジネス

Estimated read time 1 min read

東京 – 日本と米国は、戦略的に重要な資源の安全な供給を確保するための努力の一環として、電気自動車バッテリーの重要な鉱物貿易に関する合意に達しました。

火曜日遅く署名される予定のこの取引は、日本で加工された金属を使用する電気自動車がジョーバイデン大統領のインフレ減少法に基づいて税インセンティブを受けるのを助けると予想されます。 この協定は火曜日、日本の内閣によって承認された。

8月に制定されたインフレ削減法には、電気自動車の購入コストをカバーするために使用できる最大7,500ドルの税控除が含まれていますが、これらの自動車はバッテリーに使用される重要な鉱物の一部を採掘する必要があります。 国内または米国が自由貿易協定を結んだ国で処理されます。 日本とアメリカはそのようなFTAを持っていません。

日本と欧州諸国は、法律に基づき、アメリカン・クリーン・ Vehicle Creditプログラムの加入から除外されることに抗議した。

キャサリン・タイ米貿易代表部(USTR)代表と富田智二(コジ・トミタ)駐米日本大使がワシントンで署名する協定は、日本がそのような鉱物に対してFTAパートナーと同じ扱いを受けることになると日本管理者は語った。

戦略的に重要なすべての鉱物であるリチウム、コバルト、マンガン、ニッケル、グラファイトの貿易に輸出関税を課さないことで、合意は日本の自動車メーカーと最大のバッテリーメーカーの1つであるパナソニックのような会社に大きな助けになります。

林吉正外務相は記者たちに「今後EVバッテリーに対する需要が大幅に増加すると予想されるだけに、生産に不可欠な必須鉱物を確保することが緊急の課題」と話した。

同氏は「この取引は、重要な鉱物に対して持続可能で公正なサプライチェーンを確保するための協力を強化することで、日本と米国と同じ考えを持つ国家間の協力を通じて弾力的なサプライチェーンを構築することを目指す」と述べた。

米国政府は、電気グリッド用の電気自動車バッテリー、ヒートポンプ、大容量バッテリーに必要なリチウムおよびその他の材料の安定した安全な供給を確実にしたいと考えています。 世界のリチウム生産量の大部分は中国、オーストラリア、アルゼンチン、チリから出てきますが、ロシアは世界ニッケル市場を支配し、コンゴ民主共和国は世界最大のコバルト生産国です。

キャサリン・タイ米貿易代表部(USTR)代表は声明で「今回の発表は弾力的で安全なサプライチェーン構築に対するバイデン大統領の公約の証拠」と話した。

タイは米国が「インフレ削減法を含む重要な鉱物のサプライチェーンを強化するために同盟国やパートナーと協力し続ける」と述べた。

財務省は、税金控除および法律調整に関する詳細をすぐに発表する予定です。

READ  Covid戦争で敗北したアジア太平洋:新たな経済土曜日
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours