トップニュース

米国と日本の資産運用会社がXPフィーダーファンド取引でブラジルに進出

米国および日本の資産運用会社であるAmerican CenturyとNomuraは、XPと2つの戦略のフィーダーファンドをリリースするための契約に署名したとCitywire Brasilが報じた。

ブラジルの仲介および金融サービス会社は、Nomura Asia High Conviction AdvisoryおよびAmerican Century Global Small Capフィーダーファンドの独占販売代理店として機能します。

今回のリリースは、資産運用会社がブラジル現地ファンド市場に初めて進出したことを意味する。

Nomura Asia High Conviction Advisoryファンドは、シンガポールに拠点を置くマネージャーVipin KapoorとVipul Mehtaが運営するNomura Asia High Convictionファンドのパフォーマンスを反映しています。 このファンドの上位国の割り当ては中国、インド、台湾であり、上位の投資テーマは半導体企業とインターネットサービスです。

XPの国際ファンドの専門家であるRodrigo Araújoは、「アジアは経済発展のさまざまな段階にあるユニークな国の地域であり、この商品はユニークな特性を認めています。

American Century Global Small Cap戦略は、主に米国、カナダ、イスラエル、スウェーデンに基づくランダム消費財、技術、産業グループに焦点を当てています。

このファンドは、4つの小型ファンドで53億ドル以上を管理する平均24年の業界経験を持つ管理チームによって運営されています。

American Asset Managerの上級副社長であるMark Killenは、「ブラジルでの最初のファンドのリリースでXPと協力することを嬉しく思います。 「これは、顧客がますます要求する資産群に投資し、成長に対する差別化されたアプローチを披露する機会です。」

野村アセットマネジメントは東京都にあり、6000億ドル以上の運用資産を運用しており、カンサスシティに位置するAmerican Century Investmentsは2500億ドル以上を管理しています。

READ  日本ビジネスリーダーが観光提案を発表

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close