トップニュース

米国と日本は北京五輪ボイコットについて議論していない:東京

日本が2022年に北京オリンピックをボイコットする可能性について、米国と議論していなかったと加藤甲信官房長官が水曜日記者団に語った。

日本政府の加藤スポークスマンは、このトピック4月16日に予定さ菅義偉首相とジョー・バイデン大統領との会談の議題に含まれるかどうかを明らかになかった。

加藤の発言は、米国国務省のスポークスマンネッドプライスが火曜日に、中国のウイグルの少数民族に対する人権侵害の疑いの冬季オリンピックボイコットが他の国と「私たちが確かに議論したいこと」と言った後出てきたのです。

「日本は、腎臓の人権状況に深刻な懸念を持っている」とKatoは言った。 「国際社会が中国と緊密に協力することが重要です。」

彼は「米国と日本は、私たちの基本的考え方の面で同じ立場にある」と付け加えた。

火曜日ブリーフィング後、ツイートでPriceは、「2022年はまだ遠くなりますが、私たちは引き続き同盟国やパートナーと緊密に協議して、私たちの共通の関心事を定義し、中国の共同アプローチを確立する」と言いました。

READ  伝染病に日本での釣りとボートの人気増加

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close