米国に続き、日本もGoogleの検索支配力に対する反独占調査に着手

Estimated read time 1 min read

日本公正取引委員会がグーグルが競争検索エンジンを設置しないという条件でアンドロイドスマートフォンメーカーに収益の一部を提供することで日本の独占禁止法に違反したかどうか調査している。

日本の競争監視団体は、Googleのウェブ検索サービスに関連する独占禁止法違反の可能性を調査していると発表しました。 この調査は、欧州およびその他の主要経済当局がとった措置と一致している。

日本公正取引委員会(JFTC)は、Googleが競争検索エンジンを設置しないという条件でAndroidスマートフォンメーカーに収益の一部を提供することで、日本の独占禁止法に違反したかどうかを具体的に調査しています。

また、GoogleがAndroid携帯電話メーカーに「Google Play」アプリを通じて「Google検索」と「Google Chrome」ブラウザアプリケーションをインストールするようにする慣行も調査中だ。

JFTC関係者は記者会見で「こうした措置を通じて検索サービス市場で競合他社の事業活動を排除し、事業パートナーの事業活動を制限しているという疑惑がある」と話した。

関係者は、問題は、Googleのサービスが広く使用されているのではなく、公正な競争に関するものだと述べた。

「他の検索エンジンプロバイダーのサービスがいくら改善されたにもかかわらず、ユーザーの選択として認識されにくい状況が人為的に造成されたのではないかと疑問に思い、今回の調査を始めることになりました。」

今回の決定は、欧州連合、米国などの独占禁止規制当局が実施した同様の調査によるものです。

(機関の意見に基づいて)

公開日:2023年10月23日 16:31:40 IST

READ  Dragon's Dogma 2コミュニティは、「破壊的な」スフィンクスの謎のクエストを非難しました。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours