エンターテインメント

米国のほぼ半分が北京ゲームの外交的ボイコットを支持する:アンケート調査

米国の研究グループの最近の研究によれば、中国の人権侵害の疑いに抗議するための決定について、全体的に低いレベルの認識にもかかわらず、米国大衆のほぼ半分が近づく北京冬季オリンピックに対する政府の外交的ボイコットを支持している。

ジョーバイデン大統領政権は12月初めに外交的ボイコットを発表した。

ジョー・バイデン米大統領が2022年1月21日、ワシントン・ホワイトハウスで演説している。 (UPI/Kyodo)

オーストラリア、イギリス、カナダなどの国々がその後に続いた。 米国のアジア主要同盟国である日本も政府代表団をオリンピックに派遣しないことに決めたが、公式に「外交的ボイコット」と呼ぶことはなかった。

フューリサーチセンターが1月10日から17日まで約5,130人の参加者を対象に実施したアンケート調査によると、90%以上が米国の外交的ボイコットについて「少し」または「まったく」聞いたことがないと述べた。

しかし、ボイコットに対する見解を聞いたとき、46%が政府の決定に賛成すると答えたが、22%は反対した。 回答者の約30%はよく分からないと答えました。

同じ調査でも、米国と中国の関係に対する大衆の見解が過去1年間でほとんど変わらなかったという事実が明らかになりました。

54%は中国を米国の「競争者」と、35%は「敵」と考えた。 アンケート調査によると、9%だけが中国を米国の「パートナー」と見た。

READ  ママの愛は桃ギ形で来る

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close