トップニュース

米国の利回りスパイクは日本の金利を支持し、BOJ政策をテストします

  • BOJ、仮債券買取を通じて2兆円ポンピング提案
  • 10年物JGBベンチマーク0.110%、2021年4月以降最高
  • 主な利回りはまだ緩い範囲内です

東京、1月6日(ロイター) – 木曜日、米国債金利が急上昇し、日本の長期金利が9ヶ月ぶりに最高値を記録し、借入費用を0に制限しようとする中央銀行の意志を試験しました。

日本銀行は木曜日に中長期の国債買取を提案し、1月7日から14日まで市場に2兆円(172億2000万ドル)を投入するという別途の提案をした。

今回の発表は日本国債10年物(JGB)収益率が木曜日0.110%を記録し、昨年4月6日以降最高値を記録し、米国国債収益率が着実に上昇した中で出た。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

BOJは緩やかな収益率の上昇に対処するためのツールを持っていますが、米国の金利の継続的な上昇は、10年の収益率をゼロ付近に制限するという収益率曲線管理(YCC)政策による中央銀行の約束に挑戦することができます。

JPモーガンの高嶺山和日本債券リサーチ代表は「日本とヨーロッパの金利が米国金利の動きに追いついているようです。日本の場合、BOJ政策変更に関する議論が年末頃に出てくることができると思います」と話しました。 証券。

黒田春彦総裁の任期が来年4月期限切れになる前に「YCCをテストしようとする一部ヘッジファンドがあるかもしれない」と彼は言った。 「しかし、現段階でそれについて考える人はほとんどいません。」

インフレを2%目標に維持するための努力の一環として、BOJは積極的な通貨を発行して、短期金利を-0.1%、10年のJGB収益率を約0%に導きます。

大規模な債券購入プログラムが市場流動性を枯渇させているという懸念を解消するために、BOJは3月の10年物収益率が目標0%に基づいて0.25%上昇することを許可することにしました。 もっと読む

債券に対する投資家の着実な好みとJGB市場におけるBOJの膨大な存在により、10年物の利回りが0.25%限度を突然突破すると予想するアナリストはほとんどいません。

物価上昇率が中央銀行の目標値である2%をはるかに下回る状況で、黒田総裁は米国連邦準備制度(Fed)が金利引き上げを注視してもBOJが超低金利を維持する準備ができていると強調しました。

最近のボラティリティは、市場の力が収益率を牽引することを可能にするBOJの努力をテストしますが、YCCを脅かすほどではないとアナリストは言います。 また、BOJ政策が連盟の動きに左右されることを強調します。

水戸証券のタンジノリアツ首席債権戦略家は、「日本債権利回りが上昇し続けるかどうかは、連盟の動きにかかっている」と話した。

($1 = 116.1700円)

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Tetushi Kajimoto、Daniel Leussink、Kantaro Komiyaの追加レポート Sam Holmes and Jacqueline Wong 編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本の田中亮メイ、ボクシングフライ級銅メダル獲得

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close