技術

米国は、日本に福島廃水を海に放出しないように促す必要があります

日本政府は、最近、福島原子力発電所で出てきた120万トン以上の放射性廃液を北太平洋に放出して、危険な放射性核種の海を越えてロシア、アラスカ、カナダ、ハワイ、アメリカ西海岸に流れていくことを発表しました。 。 日本の地元の漁師、科学者や沿岸住民が強く反対している計画された釈放は、2年後に開始され、40年の間に継続されます。

バイデン政府は、日本が不要で危険な計画を放棄することを促してください。

福島原発災害は、2011年3月11日に発生した東北地震と14m津波が原因で発生しました。 津波が浸水されて原子炉炉心に冷却水を供給するために必要な非常発電機が作動していない原子炉炉心の崩壊と水素が発生しました。 爆発。 福島は1986年、ウクライナチェルノブイリ災害以来、最も危険な原発事故でした。 福島放射性核種は、太平洋を横切って東に流れ、最終的にカリフォルニア、ハワイ、オレゴン州、ワシントン州、ブリティッシュコロンビア州、アラスカ海域で発見されました。 我々は、すべての下流に住んでいます。

福島の貯蔵タンクは、現在の原子炉炉心を続け、冷却するために使用された海水を保有しており、この水はセシウム-137、炭素-14、三重水素(一部はより危険な「有機結合三重水素を形成すること」と同じ放射性核種で汚染された)」)、ストロンチウム-90、コバルト-60、ヨウ素-129、プルトニウム-239、50以上の他の有害放射性核種。 このうち一部は、削除されたことが知られたが、いくつかのは、削除されていません(例えば、放射性トリチウム、ストロンチウム-90、およびC-14)。

福島を所有している現在の浄化を担当している東京電力(コイン)(今世紀の残りの期間中続くと予想される)は、最近まで廃水にかなりの量の放射性炭素14が含まれていることを認めていない。 C-14は、半減期が5,730年であり、海洋生態系に生物蓄積されて、細胞と遺伝的損傷を引き起こすことが知られているので、これは非常に深刻な問題です。 福島C-14は、前世紀に海の最も深い所マリアナス海溝でも発見された核兵器のテスト(「爆弾炭素」)を使用して、海で既に上昇した放射性C-14の負荷に追加されます。

この新しい意図的な福島発売が太平洋沿岸に沿ってきれいな海洋魚介類や観光の大衆イメージに正しく入っどうかに影響を与えることができると想像しやすいです。

東京電力は、水が十分に処理された排出しても大丈夫だと主張するが、それらを使用する処理システムである「高度な液体処理システム」は、標準的な以下であり作業に適していません。 東京電力は最近不十分なシステムで、すでに “処理”された80万トン以上の水を再処理しなければならないと認めました。 太平洋全域のコミュニティは、東京電力の主張に対する独立した科学的評価を受ける資格があります。 東京電力と日本政府は、津波、洪水、地域の原子力発電所の非常発電機を配置するために危険性はほとんどないと結論に達しまし。 この放射性水を放出するために、リスクがほとんどない彼らの確信は信頼できなく科学的に防御することができません。

中国と韓国は日本に海上放流計画に対する異議を登録した。 ロシアとカナダは静かだった驚くべきことに、米国だけの計画を支持すると発表しました。 中国が米国よりも環境への懸念の多くを表明する場合はまれですが、今回のこのような場合である。

そして主張されたように、計画された放出に起因する生態系と公衆衛生上のリスクが実際に低くても – これは非常に疑わしい – 危険は完全に不要で避けることができます。

海洋排出以外にも、水を蒸発させたり、深い地質構造に注入するなど、いくつかの他の処理のオプションが考慮された。

しかし、これまで最善の解決策は、東京電力が、より多くの貯蔵タンクを作成し、すべての汚染された水を、15年ほど保管することです。この期間中に、放射性トリチウムレベルは半分に減少し、同時に最も有用な技術で処理します。 可能なすべての放射性核種を除去するために、米国のイオン交換システムとモジュール式 “損傷”システムとして使用されます。 日本とTEPCOは、この長期保存のオプションを検討したが、代わりに最も安価な選択を選択しました。 単に廃水を太平洋にしまうことです。

一つのグローバル海に意図的に有害廃棄物を投棄する時代は終わりか、終了する必要があります。

そして東京電力と日本政府は、もはや福島の信頼できる情報源ではないため、国際社会は、廃水を含む福島浄化に関するすべての情報を確認するために、国際原子力機関(International Atomic Energy Agency)と独立した独立科学技術委員会を任命します。 透明で、独立した科学的、技術的なアドバイスを提供しています。

福島は歴史的な核の悪夢だった今も続いており、この混乱を解決するために、すべての国が協力する必要があります。 この努力は、数十年に渡って数千億ドルがかかるものであり、米国およびその他のG-20諸国は、財政的にも技術的に一歩一歩進んで助けを必要があります。

懸念されている市民はBiden政権は、この計画された放射性の水の放出のための即時反対を登録して廃水を効率的に処理して、災害現場をきれいにするために、米国の財政および技術サポートを提供する必要があります。 これが私たちの国益です。

この廃水が放射性核種なく安全であるとは独立して、認証されない限り、美しい緑豊かな太平洋に一滴も放出できません。

最後に、福島は核分裂力が私たちの気候危機の現実的な解決策になることができるという観念の最後の釘が必要です。

リック・スタイナー アンカレッジの海洋保全生物学者で1980-2010年アラスカ大学の海洋保全教授を務めており、大学の学業自由の制限に抗議して辞任しました。 彼は現在、海洋環境問題についてUN、政府およびNGOのための諮問しています。

READ  HORIからXSX対応コントローラなどの周辺機器が発売決定。 首掛けヘッドセットやハンドルコントローラなど多彩な8種のラインナップ - ファミ通.com

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close