米国は女子ホッケー世界大会で引き分けフィンランドを5-3で勝った後、無敗行進を続けている。

Estimated read time 1 min read

ニューヨーク州ユティカ – ケンダル・コイン・スコフィールド(Kendall Coyne Schofield)が、先週の土曜日、女子世界ホッケー選手権大会でフィンランドに対してディフェンディングチャンピオンの米国を5-3に導き、2ゴールを決めた。

Abbey Murphy、Hilary Knight、Taylor Heiseは、それぞれアメリカの残りの攻撃を提供するゴールとアシストを持っています。

Aerin Frankelは、米国チームが3-0に向上し、9個のセーブを記録し、9得点でA組1位を獲得しました。 米国が月曜日に次の試合を行うカナダ(2-0-0)は勝点6点で2位です。

フィンランドはエリッサ・ホロパイネンが2ゴールを決め、ソフィアナ・サンデリン(Sofanna Sundelin)が得点を記録した。 アニー・ケイサラは40のシュートを防いだ。

2-2で同点を成した2クォーターでは、ハイセとコイン・スコフィールドが7分42秒と11分40秒に得点し、米国に余裕を抱いた。 しかし、Sundelinはバックハンドロデッキを使ってフランケルに勝ち、画期的なゴールで1得点のゲームを作成しました。

Coyne Schofieldは3回目のピリオド15秒で2回目の試合を獲得し、勝利を確定しました。

ドイツ 4 日本 1

サンドラ・アブストライター(Sandra Abstreiter)は、先週の土曜日、女子世界ホッケー選手権大会で日本に対して4-1で勝利したとき、ほぼ完璧に近い試合で30セーブを記録しました。

Jule Schiefer、Bernadette Karpf、Luisa Welcke、Nicola Eisenschmidがドイツで得点し、トーナメントで2-0に向上しました。

日本は滋賀あかねの単独ゴールで1-1で敗れた。 川口理子は25個のシュートを防いだ。

無得点のオープニングフレームを終えた後、Schieferは緩いパックを前方に掴み、第2のピリオド15:45にバックハンドシュートでドイツを最初にボードに載せた。 KarpfはパワープレイでCarina Strobelポイントシュートを成功させ、18時23分にリーダーを2倍にしました。

3番目のピリオドが1分46秒残ったとき、Welckeは3-0ゲームを作成しました。 Shigaは23秒後にAyaka Hitosatoポイントシュートでリバウンドを記録し、赤字を減らし、Eisenschmidは29秒後にドイツのために封印しました。

わずか52秒で3ゴールは、1試合で2チーム間の最短時間3ゴールの新記録を立てた。

The Canadian Pressのこのレポートは、2024年4月6日に初めて公開されました。

カナダメディア



READ  リオネル・メッシとインターマイアミ、プレシーズンツアー日本中断追加 - リパブリックワールド
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours