世界

米国は東エルサレムがパレスチナことがありかどうかについて疑問を提起する

米国国務省のスポークスマンネッドプライスは、月曜日バイデン政権が東を考慮するかについての質問を避けた エルサレム 将来パレスチナ国家の首都。

ワシントンで開かれた国務省のブリーフィングで、彼は、米国がパレスチナ難民のためのUNRWA(United Nations Relief and Works Agency)のための資金を復元するかについてコメントを拒否しました。

プライスはジョー・バイデン大統領が1月20日執権した後、米国の管理者とパレスチナ当局間の高官級会談がなかったことを明らかにした。

Bidenは、イスラエル – パレスチナ紛争のための彼の立場については慎重を期しています。 しかし、彼は先週、米国が2020年に国家人権報告書を発表し、トランプ政権が2017年にエルサレムがイスラエルの首都と宣言したことを確認しながら少しの説明を提供しています。

報告書は、東エルサレムが、将来のパレスチナ国家の首都あるかどうかは明らかにしなかったが、バイデン政権は、イスラエル – パレスチナ紛争の2国の決議案を支持することが明らかになりました。

Antony Blinken米国務長官は、米国大使館がエルサレムに残るとは別に明らかにした。

国務省のブリーフィングで、AP通信の記者Matt Leeは、イスラエル – パレスチナ紛争に関する米国の政策の野心的な要素についてプライスを把握しようとしました。

「あなたは、まだ2国の解決策が、パレスチナ人たちが東エルサレムを首都持つようになるだろうと信じますか?」 彼は尋ねた。

「これは例えば、 – いいえ質問はありません。明確にするためです。」Priceが答えました。

「はい、しかし、YesまたはNoです。」Leeは反論しました。

プライスは「エルサレムで、私たちの立場には変化がありませんでしたし、もちろんエルサレムは、双方が交渉しなければなら最終地位問題だ」と述べた。

「しかし、前政権は、エルサレムがイスラエルの首都と宣言した「ゴイ大統領は言った。

プライスは「エルサレムで、私たちの立場には変化がありませんでした。

彼はデン政権がドナルド・トランプ前大統領が削除UNRWAの資金を復元するかについて、他の記者の質問を受けたときも同様に言えることはほとんどなかった。 オバマ政権下で米国は毎年3億5千万ドル以上を機関に寄付しました。

プライスは、米国がすでに1500万ドルを約束したと言及しながら、パレスチナ人に資金を提供することを確認した。 …の コロナウイルス感染症-19:コロナ19 伝染病のサポート。 しかし、彼はUNRWAの資金復元に専念していません。

「私たちは、パレスチナ難民を含むパレスチナ人への支援を提供することができる方法を探しています。

プライスはトランプの任期4年の間に断絶された米国とパレスチナの間の外交的結束を回復するというバイデン政権の公約について語った。

「私たちは、パレスチナ指導部だけでなく、パレスチナ国民を参加させるのが、この政権の優先順位であることを明らかに知っています。

トランプ政権とPAの間に高レベルの対話が行われました。

しかしBidenはアッバスPA大統領やモハマドシャイ例PA首相と会話したことがありません。 Blinkenは、PA外相Riyad al-Malikiと対話していない。

逆にバイデンはベンジャミンネタニヤフ首相との対話を交わしブルリンケンはガビアシュケナージ外相と三回対話を交わした。

READ  サウジアラビアを助けるために中東に派遣されたBidenトリミング部隊

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close