経済

米国チップメーカーミクロン、日本、ヨーロッパの拡張のために「交渉中」

TAIPEI – アメリカの最高のメモリチップのメーカーであるMicron Technologyは1500億ドル、10年投資計画の一環として、日本、欧州、その他の地域での製造スペースを拡張する問題について、政府と議論していると経営陣がNikkei Asiaとのインタビューで言いました。

Micronのグローバルオペレーション担当副社長であるManish Bhatiaはしかし、彼の会社のグローバル展開の推進は、需要の増加に歩調を合わせるためのものであり、メモリチップ市場の供給過剰に寄与していないと強調しました。

「将来の世代に [of chip technology] 私たちは、日本、台湾、米国およびその他の国の多くの政府と我々は次の仕事について議論しています。」とBhatiaは言います。次のステップでは、業界で最も最先端の技術極紫外線(EUV)リソグラフィ装置を導入するが含まれます。 – ダイナミックランダムアクセスメモリを製造する日本をはじめとする様々な施設について、彼は言いました。

EUV技術は、チップの開発を推進する重要なツールで考えられ、全世界でただ一つの会社(オランダのASML)のみ、これらの機器を生産することができます。

Bhatiaは彼の会社がまだ特定の国のために、具体的な投資計画がないと言いました。 マイクロンは、以前に2024年までに最大DRAMの生産拠点である台湾にEUV生産技術を導入すると発表しました。

マイクロンはすでに米国、台湾、日本、シンガポールに製造施設を保有しており、中国とマレーシアにもチップパッキング施設を運営している。 NANDフラッシュメモリの最も重要なサイトは、シンガポールです。 DRAMとフラッシュメモリチップはすべてスマートフォン、データセンター、コンピュータ、自動車、その他の多数の項目に不可欠です。 現在マイクロンは、欧州の製造施設がないが、経営陣は、ミクロンが、欧州政府とも会話していると言いました。

Bhatiaは主要経済が半導体政策を検討する中でMicronが半導体の生態系の成長部分としてメモリチップの重要性を強調したいと言いました。 ほとんどの政策議論は、メモリチップではなく、プロセッサ、マイクロコントローラ、イメージセンサー、その他の種類のロジックチップに焦点を当てる。

経営陣は、ミクロンが新たに発表した1500億ドルの計画が、容量の拡張に関するものではなく、研究開発のためのかなりの部分も含むと言いました。 彼の目標は、独自の市場シェアを高めるのではなくMicronが市場で拡大できるようにするものと、彼は言いました。

Bhatiaは「私たちの目標は、市場の需要に応じて成長してポートフォリオにより豊富な製品セットを保有して収益シェアを高めることです。」と言いました。 「私たちは、ビット占有率を増やそうとしません。…確かにそれは私達が成長するために責任がある方法はありません。供給過剰の産業状況。 …私たちの焦点は、市場のトレンドに合わせて成長できるようにすることです。」

「ビット共有」は、生成されたメモリの量を表し、需要を測定する重要な指標です。

マイクロンはNAND型フラッシュメモリの複合年間ビット成長が長期的に30%、DRAMの成長が長期的に「10代前半」と述べた。 彼は会社の拡張計画は、業界の需給不均衡を避けるためにこのような傾向に合致すると付け加えた。

BhatiaはMicronが、最近のビジネスガイダンスを下げたが、これは短期的にのみ適用され、他のコンポーネントの不足が緩和され始めとDRAMの需要は引き続き強気を維持すると言いました。

マイクロンは2022年にもまだ記録的な売上高と強力な収益性を期待していると付け加えた。

水曜日、マイクロンは今後10年の間に、チップ製造および研究開発に1500億ドルを投資すると発表しました。 今回の発表は、前例のないグローバルチップ不足の状況では、米国、欧州、日本、中国が国内のチップのサプライチェーンを強化するために競争する中で出てきたことです。

マイクロンはサムスン電子、SKハイニックスに次いで世界第3位DRAM半導体メーカーです。 サムスン、SKハイニックス、キー押上、ウェスタンデジタルに次いで世界第5位のフラッシュメモリ半導体メーカーである。

Micronが1500億ドル規模の計画を発表すること数日前、世界最大のチップメーカーであるTaiwan Semiconductor Manufacturing Co.は、同社のグローバル展開の推進の一環として、日本の初のチップ工場を建設すると言いました。 TSMCはまた、グローバルチップ不足を緩和するために2023年までに1000億ドルを費やすことを約束しました。 日本政府は、日本のプロジェクトの約1兆円(88億ドル)の費用の半分まで補助金を支給するものと予想される。

READ  コロナウイルスは、日本の貿易を左右することにより、バナナの輸入の増加、タピオカ減少

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close