エンターテインメント

米国バスケットボール、2022年8月ワールドカップ予選チーム発表

Langston Gallowayは2022年7月のワールドカップ予選チームに戻ります。

コロラドスプリングス、コロラド – アメリカのバスケットボールは2022年8月にアメリカのバスケットボール男子ワールドカップ予選チームの12人リストを発表しました。 米国は2023 FIBA​​ワールドカップにつながる4回目の予選期間(合計6つ)の一環として2つの試合を行っています。 チームは8月25日、ラスベガスのコックスパビリオンでウルグアイを開催し、8月29日にバランキージャでコロンビアとの試合を行います。 米国とウルグアイのチケットを購入するには、[次へ]をクリックしてください。 ここ

米国の国家代表として出場する予定の12人の選手は、NBA、NBA Gリーグ、国際プロリーグで長年のプロ経験を持ち、7人の選手はアメリカのバスケットボール経験があります。

チームには、Tyler Cavanaugh、Malik Ellison、Michael Frazier II、Langston Galloway、Dewan Hernandez、DaQuan Jeffries、John Jenkins III、Mac McClung、Eric Mika、David Stockton、Robert Woodard、McKinley Wrightが含まれます.

2022年7月、アメリカのバスケットボール男子ワールドカップ予選で復帰した選手は、フレイザー、ギャラウェイ、ジェフリー、ジェンキンス、ミカ、ストックトンです。 チームはプエルトリコとキューバで行われたロードゲームで2-0で勝利し、一次予選を終えました。

Woodardは、ジュニア国家代表チームレベルで以前にアメリカのバスケットボールの経験を持っています。 彼は2015年にFIBA U16米州選手権大会で金メダルを獲得し、いくつかのジュニア国家代表チームミニキャンプに参加しました。

アメリカのバスケットボールデビューは、Cavanaugh、Ellison、Hernandez、McClung、Wrightです。

ジム・ボイラン米国監督は、2021年11月、2022年2月、2022年7月、米国バスケットボールワールドカップ予選代表チームの4回目の監督職を務める。 ベンチに参加すると、オデラ・ハリントン(Othella Harrington)補助コーチになります。 前の3回のワールドカップ予選ウィンドウでアシスタントコーチを務めたTy Ellis。

米国、ブラジルと共同1位本格進出 グループF。 来る8月、インドネシア、日本、フィリピンで開かれる2023 FIBA​​ワールドカップに米州から来た合計7チームが進出する。 5次予選は11月に予定されており、6次および決勝戦は2023年2月に予定されています。 チームがワールドカップに進出する方法の詳細については、「次へ」をクリックしてください。 ここ。 全米ワールドカップ予選スケジュールを確認できます。 ここ

READ  オーランドプライド選手4人、トイ鼻2020年のオリンピック出場

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close