米国ビジネス代表団が東京B7サミットを準備

1 min read

B7とは何ですか?

米国商工会議所は、2007年にG7(Group of 7)のビジネスパートナーとしてB7を発足し、G7政府が認める唯一のビジネス利害関係者グループです。 G7諸国の主要なビジネス組織であるB7は、民間部門にG7経済イニシアチブへの入力と強力なビジネス声のための手段を提供します。

毎年G7主催国企業連合会が主導し、B7首脳会議を開催する。 日本が2023年G7議長国を務めることに伴い、日本経済人連盟(ゲイダンレン)は今年東京でB7会議を主催する予定だ。 この会議では、B7は、G7が持続可能な経済成長、グローバルサウス包容、G7諸国間の統合を促進するという3つの重要な分野で強力な親成長政策を採用するように促します。 議論後、B7は日本首相にビジネス優先順位の共同声明を発表する予定です。 この声明は2023年4月20日に発表される予定です。

なぜ重要なのですか?

米国商工会議所のグローバルイニシアチブシニア副社長であるGary Litman氏は、次のように述べています。 「我々は、プロセス全体にわたって米国のビジネスコミュニティの意見を収束するG7の開放性が高まるにつれて促された.」

B7は、企業がインフレの上昇、新興貿易障壁、サプライチェーンの多様化、エネルギー転換、デジタル転換、新興市場との関係など、共有された問題に関するメモを比較できるフォーラムとしても重要です。 B7 Summitに参加することで、米国商工会議所はG7会長団に主要な政策メッセージを伝え、カナダ、ヨーロッパ、日本の同僚とグローバルなビジネス擁護を調整します。

誰が行きますか?

  • Western DigitalのCEOであり、日米ビジネス協議会の取締役会副議長であるDavid Goeckeler

  • John L. Hopkins, NuScale Power Corp. CEOおよび米国商工会議所の取締役

  • Vivek Lall、General Atomics Global CorporationのCEOおよび日米ビジネス協議会の取締役

  • Gary Litman、米国商工会議所グローバルイニシアチブ上級副社長

  • 富岡トモコ・ムラニー、米商工会議所日米経済人協議会常任取締役

著者について

ホサカ・マラニ智子

日米財界協議会常任理事

READ  米国インフレレポートが近づくにつれて、グローバル株式の大部分が上昇
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours