経済

米国ミズーリ州、日本産家禽の輸入禁止解除

フィリピンは、鳥インフルエンザの発症が解除された後、米国ミズーリ州で家禽製品の一時的な輸入禁止を解除しました。

農務省(DA)MO(覚書命令)61は、鳥インフルエンザの症例を解決した後、米国ミズーリ州で家禽製品の一時輸入禁止解除を承認しました。

DAは、以前に高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)症例が検出された後、ミズーリ州の家禽製品の一時的な輸入禁止を課すMO 29を発表しました。

「米国数の当局が世界の動物保健機関に提出した報告書と、USDA動物・植物健康検査サービスが提出した支援文書に基づき、ミズーリにおけるHPAIのすべての発症が閉鎖され、解決されました。」 61 読みます。

農務省の評価によると、家禽肉、一日のひよこ、卵、精液の輸入による汚染のリスクは無視できます」と付け加えた。

さらに、DAは、家禽肉、一日のひよこ、卵および精液を含む国内および野生の鳥およびその製品の日本の輸入の一時的な禁止を解除するMO 60も発行しました。

DAは、MO 60で日本の鳥インフルエンザ症例がすでに解決されていると述べた。 DAは、様々な日本の家禽製品の輸入による鳥インフルエンザウイルスに感染する可能性が今や「無視できる」と付け加えました。

MO 60は「WOA陸上動物保健法10.4章の規定により、日本は今HPAIから自由になった」と明らかにした。

続いて「この命令は、日本産国産及び野鳥及びその製品の輸入暫定禁止を解除するために下されたもの」と付け加えた。

DAは、8月12日に2つのMOが発行された後、米国ミズーリ州と日本の家禽製品の輸入取引を再開しました。

READ  日産、「プレートを変える」電気自動車バッテリープランビジネス

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close