技術

米国レポート:UFOの起源は知られていません。

米国政府は、一般的にUFOと呼ばれる物体の起源は知られていなかったが、そのような物体は、国家安全保障のリスクをもたらすことができると警告します。

国政院長室が集計したレポートが金曜日に発表された。

この報告書は、2004年以降、政府が公式に「未確認航空現象」またはUAPと呼ぶことに対して144件の観察があったと言います。

大きな膨張バルーンによるした事例を除いて、他の目撃は、十分なデータ不足のために説明されていない状態で残っています。 これは、中国やロシアが配置された未知の技術を示す可能性を示唆します。

この報告書は、観察者が可視的な推進手段がないにもかかわらず、異常なUAP移動パターンや飛行特性を報告した事例が21件と指摘しました。

また、航空機内で11件のニア – ミスが報告されたします。

報告書は、「UAPは明らか飛行安全問題を提起して、米国国家安全保障への挑戦を提起することができる」と結論付けた。

報告書は、「エイリアン」のような言語を使用していません。 しかし、米国のマスコミは、外界の起源の可能性を排除することができないと、政府高官を引用した。

READ  今夜月がなぜそのように大きなか?

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close