米国事業に焦点を当てた日本のメガバンクグループ。 高い金利で収益を増やす、オンラインバンキング

1 min read
読売新聞
去る4月ニューヨークのジェニウスバンクホームページをモニターに見せている様子。

三菱UFJファイナンシャルグループ(Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc.)、三井住友ファイナンシャルグループ(SMBC)、ミズホファイナンシャルグループ(Mizuho Financial Group, Inc.)など3つのメガバンクグループは、米国で金融事業に注力してきました。 金利が低い日本とは異なり、米国では高いマージンと大きな利益増加が期待できるからだ。

米国経済が不確実な状況にもかかわらず、巨大銀行グループは米国事業を強化するための措置を講じています。

SMBCは昨年夏、米国でデジタルジェニウスバンク(Jenius Bank)を発売した。 日本銀行が国内で小売金融サービスを提供する場合は珍しい。

ジェニウス銀行はオンラインで預金およびローンサービスを提供しており、オフラインの販売店運営に比べて低コストで顧客基盤を拡大することができます。

銀行は一般預金とクレジットカード事業にも進出する計画だ。 今年末には特別なアプリも披露する予定だ。

グループの米国事業戦略を総括するSMBC米州事業部のCEO Office責任者の八木大臣は、「我々は米国市場シェアが低いにもかかわらず大きな利益を得ることができる」と述べた。 「お客様の生活に近づくサービスで市場を発展させます」

3つのメガバンクグループの統合純利益は、主に米国およびその他の国での良好な営業実績に支えられ、3月に終了した事業年度に初めて3兆円を超えました。

米国3大大型銀行の未払貸付残高は同事業年度に36兆2000億円で3年連続増加し、2019会計年度は23兆3000億円の約1.6倍に達した。

3大大型銀行融資の利息利益率は日本は0.6%程度だが、海外は上位1%水準だ。

3つのメガバンクの良い成果は、マイナス金利政策が施行された日本支店を統合するなど、効率性を向上させながら資金を海外に転換しようとする努力に起因します。

昨年8月、MUFGは中西部に本社を置く地域銀行であるUS Bancorpの持分を4.39%に増やすために約1,300億円を支出しました。 主に東海岸の米国の顧客にサービスを提供するMUFGは、US Bancorpを通じて顧客基盤を発展させることを目指しています。

みずほは昨年12月、米国投資銀行グリーンヒル&カンパニー(Greenhill&Co.)を約760億円に買収した。 Mizuhoは、米国での買収合併などの事業に関するアドバイスを提供し、コミッションを得ることを目指しています。

最近、投資銀行事業に注力してきたミズホは昨年、投資銀行手数料部門の世界10位を記録した。 みずほがトップ10に入ったのは今回が初めてだ。

木原正宏水戸社長は「グリーンヒル買収で様々な相乗効果を収めている」と話した。 「来年は効果がさらに強化されます」

READ  テスラ、日本に静かに仮想発電所を建設
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours