世界

米国介入で中断されたUAE「中国軍基地」工事 – レポート| 中国

米国の情報機関は、今年の建設作業の証拠を彼らが信じている中国の秘密軍事施設の証拠を発見しました。 アラブ首長国連邦、金曜日の報告によると、ワシントンの介入以来中断されました。

NS ウォールストリートジャーナル カリファ港の衛星写真から、中国の海運会社であるコスコが建設・運営するコンテナターミナル内部の怪しい建設工事が明らかになったと報じた。

証拠には、明らかに多層建物の巨大な発掘と精密調査を避けるための明白な試みでそのサイトが覆われていたという事実が含まれていました。

報告書によると、バイデン政権は軍事活動を知らないと思われるUAE当局と緊急会談を行った。 この議論には、5月と8月にあったジョー・バイデンとアブダビ皇太子のモハメド・ビンザイド・アル・ナハヤン間の双方向対話が含まれていると述べた。

去る9月末、 米国国家安全保障 Jake Sullivan補佐官とホワイトハウスの中東調整官Brett McGurkはUAEに行き、現地の米国情報の詳細をEmirati当局に提出し、McGurkは今週王子に会うために戻ります。 米国の管理者が最近、カリファの現場を調査した後、建設作業が中断されたと報告書は伝えた。

報告書は中国海軍がジブチに初の海外基地を建設してから4年ぶりに出たものだ。

ワシントン駐在UAE大使館はコメントの要請に即時応答しなかったが、ウォールストリートジャーナル(WSJ)とのインタビューで「UAEは、ある種の中国軍事基地や前哨基地誘致に対する合意計画、会談または意図がなかった」と述べた。

米高官は「エミレーツはこのようなことが起こらないと言った」と話した。 「この特定のプロジェクトについてはEmiratisを参照してください。 しかし、私たちはアメリカとUAEの間の継続的なパートナーシップに専念しています。」

UAEレポートは米国と 中国。 同日、国務省は、中国海軍艦艇が南シナ海でフィリピン普及船に対して水大砲を使用した事件に続き、中国の武装攻撃が発生した場合、フィリピン船舶を防御するために米国が介入すると中国に警告した。

ネッドプライス国務省の広報担当者は、中国の行動について「危険で挑発的で不当だ」と述べた。

プライスは声明で「中国はフィリピンの排他的経済水域で合法的なフィリピン活動を妨げてはならない」と話した。 「米国は、規則に基づく国際海洋秩序を維持する上でフィリピン同盟国と協力し、南シナ海でフィリピン公共船に対する武力攻撃が米国の相互防衛の約束を発動させることを再確認します。」

ホワイトハウスインド・太平洋調整官のカート・キャンベル(Kurt Campbell)は「現在、米中関係の主な特徴は競争であり、我々はどこでも全面的に競争している」と述べた。

「私たちは健全な方法で責任を持って競争することが可能だと思いますが、同時に大統領は…関係が危険な対立の場に変わらないようにするガードレールを設定することが重要であることを認識しています。」 金曜日にアメリカ平和研究所で話した。

キャンベルは彼ら バーチャルサミット 初めに、バイデンと習近平は、特に核兵器に関して事故や誤算による衝突のリスクを減らすために、両国の管理間の協議を開始するための暫定的な段階に同意しました。

彼は「私たちがしたいことは… 私たちが偶発的な行動に直面した場合、私たちが何をするかについての議論に中国を参加させることです」と述べました。 「私たちは議論の最も早い段階にあり、習近平主席が少なくともその議論に参加することを明らかにしました。 それはおそらく軍隊の人々と私たちの政府の他の部分の人々を含むでしょう。」

キャンベルは、バイデン元副大統領も両国の核政策に対する対話を模索したが、習近平はそのような議論にまだ同意していないと示唆したと述べた。

「私たちは、核領域でとられる特定の措置について教義的問題と呼ぶことができることについて非常に一般的な議論をしたいと思います。 [that] 「過去に中国は軍備管理に関心がありませんでした。とても慎重だったので、この部分について慎重に考えています。

「私は会議に出席しました」とCampbellが付け加えました。 彼は「市錫がこれに対してある程度準備ができていると明らかにしたが、時間が経つにつれてテストを経なければならないだろう」と話した。

READ  NATO、増加するロシアの脅威抑制のためのマスタープランの合意

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close