世界

米国務省、日本でポンペイオに5800ドルウイスキーのボトル行方調査

ワシントン – 米国務省は、水曜日、マイクポンペイオ元国務長官に、日本政府が寄贈した約6,000ドルのウイスキーのボトルの失踪を調査していると明らかにした。

部門で述べ 連邦官報に掲載された通知 ウイスキーの行方を知ることができない状況とし、「現在の調査中継続調査中」と伝えた。

日本のウイスキーは5,800ドルで評価され、2019年6月ポンペイ男鹿その月にドナルド・トランプ大統領も出席したG20首脳会議のために日本を訪問したときの贈り物ました。 しかし、部門は、他のプレゼントとは異なり、病気がどのようにされたかの記録がないと述べた。

ポンペイオ長官の弁護士であるウィリアム・A.バークは元国務長官が、そのプレゼントがどうなったか知らないと言いました。

バークは「ポンペイオ長官は、このウイスキーのボトルの性向が何なのか全く分からない」と話した。

国務省は、追加の詳細を提供していませんでした。 議定書事務局は、米国の管理者に提供したギフトを記録し、その処分を追跡する必要があります。 受け手は、特定の価値のギフトを国立アーカイブまたは他の政府機関に譲渡したり、財務省に該当価値を返済して個人的な使用のために購入することができます。

米国務省の通知によると、ドナルド・トランプ前大統領は、オフィスでチェコの9mm拳銃、ブラジルのジャガーの形で彫刻された広葉樹ベンチ、イスラエルのヘブライの歌が収録された茶色の革の本を含む多くの高価な贈り物を受けた米国務省が明らかにた。 。 すべて国立公文書館に移されました。

AP通信 貢献した。

READ  イタリア新首相:マリオ・ドラギ元欧州中央銀行首相が頭を縦に振るかもしれない

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close