世界

米国務省「ウクライナで3番目のアメリカ人が行方不明」

ドミトリー・フェスコフ・クレムリン宮の広報担当者は、木曜日のCNNにロシアが西側の制裁に耐え、ウクライナ東部のドンバス地域で目標を達成する計画だと述べた。

Peskovは、Odesa、Kharkiv、およびKhersonのウクライナの領土の一部を占領しようとするロシアの意図に関する質問に「地域住民の意志」に依存していると述べた。

彼は、「最初の目標は、今すぐドネツクを砲撃し、そこで民間人を殺す人々からドンバスとルハンスクの人々を保護することです。

「ウクライナの他の領土と地域は知っているように、私たちの軍隊がそのような民族主義の連帯で領土をきれいにするほど、より多くの人々が歓迎し、より多くの人々が現代の体制で将来の生活を中断したいと宣言します。 キエフ」と主張した。

Peskovは、ロシアが先月、NATOに加入する意思を発表したバルト海沿岸諸国とフィンランドにとって脅威にならないと述べた。 これはロシアのウクライナ侵攻から数十年間続いてきた軍事的非同盟関係を破った。

「私たちは、フィンランドとスウェーデンがNATOに加入しても、ヨーロッパ大陸の安全保障に追加の利益をもたらすことはないと確信しています。 むしろ緊張感を加えるだろう」と話した。

スポークスマンはロシアに対する西側の「前例のない」経済制裁以後、モスクワが「快適な位置」にないと認めながらも、西側が望んだ制裁の「決定的効果」は「発生しなかった」と主張した。

Peskovは、「今私たちは思ったよりも少し良くなったようだ」と付け加えて、「もちろん、私たちは私たちの問題を理解しており、非常に短時間でより多くの減少を補償する必要があることを理解しています。収入の40% – 45%以上」

彼はロシアが国内生産とインフラに「非常に深刻な浮揚」を計画していると述べた。

「収入を再整備するには、収入の方向を再整備する必要があります。 西方向を補完するために東方向の輸入量を増やすことで、Peskovはアジア諸国からの輸入量の増加を示唆している。 「これらすべては、私たちの世界が大きすぎて豊富なので、十分に可能です」

READ  ロンドン・ヒースロー空港、Covid-19に起因する「容認できない」待機時間について、英国政府に非難

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close