世界

米国大統領選挙の世論調査で最も適した「単一の質問「トランプの存在感は、バイデンを圧倒| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

11月3日、米国の大統領選挙が実施される。 共和党のトランプ大統領が再選するか、民主党であれ前副大統領が政権を奪還するのか。 政治アナリスト横江久美氏は「選挙直前に行われる世論調査で最も合うと質問があります。それは “二候補とビールが飲みたいですか? 「ある」と – 。

※この記事は、横江欧米 “隠れトランプ米国コロナ感染で奇跡のカムバックにトランプが勝利⁉“(扶桑社)の一部を再編集したものです。

写真= EPA /時事通信フォト

ドナルド・トランプ米大統領は2020年10月24日、米国ウィスコンシン州で開かれた選挙集会で支持者に挨拶した後、ダンスを披露した。

「史上最悪の討論会」は、トランプのワンマンショー

この本を書いて終了というときトランプ大統領とバイデン大統領候補の第1次討論会が終わった。 予想通りだが、教養系のCNNを筆頭に、メディアは「史上最悪の討論会」と蔑視した。 確かに「トランプがひなかった」と感じた人は多いだろう。しかし、知っているテレビプロデューサーはむしろ「天才的」と評した。 “の間”の取り方が絶妙だということだ。ゆったりと言うバイデンと瞬間タックル芸カードショーである。

2016年ヒラリーと討論会を見た人なら分かるだろうが、当時ヒラリーはいくらトランプ話をブロックされようが、突っ込み珍しい方法が、無視して話した。 話し続けられるだけの強度と人を惹きつける話し方があった。 しかし、バイデンはそれがない。 今回の第1回討論会はトランプのワンマンショーだった。 バイデンの印象は、「話を選別かわいそう」程度のではないか? 悪名も名声のを地で行くトランプの狙い通りだったと考えられる。

トランプは、討論会の中で、ミシガン州、フロリダ州、ペンシルベニア州の名前を何度も上げていた。 これは2016年に使用した手法である。 その地の熱狂的なトランプ支持者との隠されたトランプ支持にメッセージを送信したものである。 一方、バイデンは、2016年ヒラリーと同様に、どこまでも全国民にメッセージを送信し続けた。

米国の空気と、日本での報道方法に大きな違い

私は2011年から2014年までのトランプ政権が頼りにしていることが知られている保守性向のシンクタンクであるヘリテージ財団上級研究員として働いた。 所内研修では、県交通大臣エレインチャオと一緒にした。 トランプの政権移行チームでワシントンとカードを握ったのは、ヘリテージの創設者エドウィンフル私である。 私は退所し、東京に戻った後も、ワシントンに行くヘリテージ朝から夕方まで数日あるので、トランプ政権が誕生する前の秘密の話を彼らに聞かせていた。

そこで感じたアメリカの空気と、日本での報道の方法があまりにも違っていたので、過去の大統領選挙半年前に2016年4月トランプ大統領誕生の可能性について、「崩壊するアメリカ「(事業会社)というタイトルの本を執筆した。しかし、当時の日本では、私の主張は、完全にサブだった。トランプが勝つと思っていた人が少なすぎて、TVに出演させてもらっても私の主張は、浮いていたように思いますする。

今回の大統領選挙は、バイデン優勢が当選を確実する空気はない。 4年前に書いた思い出があるからである。 その4年の間にトランプ掲げた公約のほとんどを成し遂げたないしは成しているところだ。 その実行力途方もないある。

トランプは、米国だけでなく、脱冷戦以降、国際秩序を大きく変化させてきた。 まだ「発展途上国」を自任する中国には対立の構図を明確にし、圧力を続けている。 中東では、イスラエルを介してじわじわと包囲網を作って、私のいる。 そして着実に成果を上げようとしている。

READ  部品の70%を外部に依存するトヨタが「数時間分の在庫 "しか持たない理由"常駐危機」が技術力を強化| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close