世界

米国景気対策めぐる協議政権側が姿勢転換 – 総合案に近づくか – Bloomberg

ホワイトハウスは8日、協議が難航している経済対策案に対する姿勢を転換させた。民主党のナンシー・ペロシ下院議長が分かれ法案を拒否姿勢を明確になろう再び大規模な経済対策案に政権側が傾く症状がある。

ペロシ氏のスポークスマンドリュー・ハミル氏によると、無ニュシン財務長官はペロシ氏との40分間の電話会議でトランプ大統領が包括的刺激策に合意を求めて伝え

ペロシ下院議長(8日)

一方、ホワイトハウスアリサパラスポークスマンは「我々は、規模を縮小したパッケージを望んでは非常に明確に示してきた」と説明した。 ただ、後で記者にトランプ政権に「より大規模な法案はオープンだ」と述べた。 下院民主党による2兆2000億ドル(約233兆ウォン)規模の景気浮揚策に反対の立場を改めて示した。

経済対策案の合意に見通しはトランプが6日会談を中止した後、不確実性が一層増加した。

無ニュシンペロシ二人は8日午後、下院中小企業委員会のベラマスクエス委員長と下院金融委員会ウォーターズ委員長も電話協議を行い、中小企業と資本へのアクセスを議論した。

総合対策案の合意が前提

ペロシ氏はこの日、ブルームバーグテレビで、ホワイトハウスと共和党が総合景気対策案に同意しない限り、航空会社を含むすべての分野でも、単独の支援法案に向けた行動は起こらないだろうと述べたた。

一方、「私は常に楽観的である」とし「大統領が自分の交渉離脱に対する反応をうかがっているのは、私たちが合意を得るためにそれらを協議に戻って機会である。早ければ早いほど良い」の両方言っていた。

また、共和党のマコネル上院院内代表は景気浮揚策の規模については、与野党が大きなギャップがあるとしながらも、双方が交渉しようと続けなければならないと指摘した。 「早期に今後の道路があると願っている」と述べた。

マコネル氏は、協議停止を指示したトランプの決定を支持すると、最初言っていただけに、この発言は、姿勢の変化をうかがわせる。

トランプ大統領ペロシ氏と、大規模な刺激策で取引をしたい – アクシーオス

トランプ協議停止を指示した6日のツイートでいくら方針転換した様子である。 突然協議停止は側近を困惑させ、景気悪化のすべての責任をトランプ自分がなっている政治的リスクを生んだ。 彼は8日、FOX事業について刺激策をめぐる議論は、「よく行って始めた」と述べた。

原題:
ホワイトハウス、Mnuchin、Pelosi Talk逆に、より大きな刺激法案公開(抜粋)

最後の段落にトランプ大統領のコメントなどを追加して更新します

READ  バイデン、月曜日から南アフリカなど7カ国入国禁止

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close