トップニュース

米国防長官、日本側と地域安定の議論

米国は、中国と北朝鮮への懸念が高まる中、この地域の緊張が高まるのを防ぐため、インド太平洋地域のより多くの同盟国に手を伸ばしています。

ロイド・オースティン米国国防長官は金曜日の岸野武日本防衛賞と電話通話を行い、新しい安保協議をまもなく開催することに合意した。

米国防総省はこの通貨について「この地域の安全保障と安定に対するオースティンの約束」を強調した。

両当局者は「地域的抑制力を維持するために国防協力を深化するための努力について議論した」と明らかにした。 それと共に「韓・米・日緊密な協力の重要性を強調した」と話した。

AustinとKishiの対話は、米国国防長官が第53回韓米安保協議会議(SCM)のために2日間の訪韓を終えて出た。

オースティンと韓国のソウル国防省長官は、インド太平洋地域の安全保障提供者として韓国の役割を拡大することに合意した。

また、木曜日会談後に発表された共同声明は「台湾海峡の平和と安定を維持することの重要性を認めた」と明らかにしました。

韓国の管理者は、インド太平洋地域で韓国がどのような役割を果たすのか、台湾についてはまだ議論中だと語った。 しかし、AustinとSuhは、北朝鮮と地域全体の脅威に対処するために日本と協力し続けなければならないと強調しました。

今週初め、安倍晋三日本首相は台湾に基づく研究機関とのインタビューで、中国の台湾に対する潜在的な軍事攻撃が「日本領土に大きな危険になるだろう」と話した。

安倍首相は「台湾の緊急事態は日本の緊急事態であり、したがって日米同盟の緊急事態」と話した。

元日本指導者の発言は北京で怒りを呼び起こし、緊急会議のために日本大使を招集した。

華春瑩中国外交部次官報は声明で安倍首相の発言が「公開して中国の主権に挑戦し、台湾独立軍を果敢に支持した」と批判した。

先月、米国防総省の上級管理者は、新ペンタゴン報告書について記者たちに説明し、中国が「偶発的な統一を準備しているようだ」と警告した。 [Taiwan] 強制的にそして…第三者の介入を抑制、遅延または反対することができます。

米国国防総省は、金曜日、米国国防総省の管理者が実務クラスの仮想会議で報告書を中国側の関係者に説明したと発表した。

ペンタゴンは、火曜日に開かれた説明会が建設的であり、「理解を確立し、コミュニケーションの開かれたチャネルを維持するために」努力したと述べた。

米国の管理者は、1月にジョー・バイデン米大統領が就任して以来、国防部の管理者が中国側と会話を交わしたのは少なくとも3回目だと述べた。

ペンタゴンの報告書はまた、中国が「利益が分かれる分野で米国や他の国々とますます喜んでいる」と結論付け、中国は2030年までに少なくとも1,000個の核弾頭を保有する可能性があると警告しました。

READ  日本とフィリピン、最初の共同空軍訓練実施

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close