スポーツ

米国障害者女子代表チーム、2022 IFCPF第1回ワールドカップ3回戦で日本に1-1引き分け

サルー、スペイン(2022年5月14日) – アメリカの障害者女子代表チームは、決勝進出の機会を得るために勝利を必要とする熟練した日本のチームと1-1引き分けを記録しました。 引き分けに、米国は3月17日火曜日に予定された2022 IFCPFワールドカップ女子サッカーの最初の決勝戦でスポーツを決めます。

アメリカが日本を13-3に制圧した無得点前半後、チームはついに幻想的なゴールを突破し、後半戦のサブジョイ・マーティン(ジョージア州サマーナ)が右側で完璧にクロスを合わせて上手に仕上げました。 ペナルティエリア中央からカタリーナ・ギマランエス(Catarina Guimarães)がゴール左下仕事 トーナメント集計。

米国が試合中に主導権を握ったが、ペナルティエリアに飛んだボールに対する不運な自策ゴールが試合を同点にした。 アメリカのディフェンダーCassidy Leake(ジョージア・ムリエッタ)がぎこちないボールを守備するために飛び出したが、胸から離れて2回にゲームに入ったゴールキーパーRebecca Ostrander(ネバダ州カーソンシティ)を抜いて残念ながらゴールゲートに入った。 半分。

試合の最初の3分の4の間、ディフェンダーAnnie Wickett(Frederick、Md。)はアメリカのゴールデンディフェンスを主導し、回復のために待機しているEmily Lauritsen(Omaha)の代わりにスタートしました。

日本を相手にしたチームの選抜ラインナップには、攻撃者Leah Glaser(Montclair, NJ)、ミッドフィルダーJesslyn Kuhnel(Panama City, Fla.)、ディフェンダーMichelle Cross(サンディエゴ)も含まれています。 3つのゲームすべて。

日曜日に4日間に4回戦をする必要があるチームと共に、 ヘッドコーチTricia Taliaferroはまた、サウスフロリダ大学の優れた大学主張であるKat Renickを休ませました。 レニックは5月13日、オランダとの試合で米国が14-0で勝利した試合で5ゴール6助けを記録した。

米国は勝点7点でオーストラリア(勝点9点)に続き、日本と共同2位を走っている。 アメリカの克服できないゴールの差により(トーナメントは実際のスコアにかかわらずゲーム当たり+10ゴールに差のマージンを制限するため)、オーストラリアとの結果にかかわらず、米国は2位以下に仕上げないでしょう。 米国は現在+20ゴール差で2-0-1、日本は+7ゴール差で2-1-1です。

5月15日日曜日(現地時間午後12時45分/東部標準時午前6時45分)グループリーグ最終試合でオーストラリアに勝利すると、米国が1位になる。 引き分けでグループリーグ1位をオーストラリアに与え、結果にかかわらず火曜日2チームの決勝戦が行われます。 すべてのトーナメントゲームは以下で生中継できます。 https://www.esportplus.tv/home

アメリカのパラワー男子代表チームマッチレポート-

マッチ: アメリカの障害者女性 国家代表対。 日本

日付: 2022年5月14日

競争: 2022 IFCPFワールドカップ

場所: サッカーサルー総合運動場

出席:

キックオフ: 6:45 .中。 東部(午後12時45分現地)

天気: 72度。 日当たりの良い

スコアのまとめ: 1 2 F

アメリカ 1 1

日本 1 1

アメリカ – カタリナ・ギマランエス(ジョイ・マーティン)35仕事

JPN – 自策ゴール(キャシディリーク)43。

ラインナップ:

アメリカ: 3-アニメウィケット(2-レベッカオーストランダー、41); 4-ミシェルクロス。 7-カタリナ・ギマランイス、 9-レアグレーザー5-ジョイマーチン、26) 10-ジェスリン・クネル8-キャッシュリーク41)

未使用のサブウーファー: 1-エミリーロリソン、 6-キャットレニック

シニアコーチ:トリシアタリアフェロ

日本: 6-宮比浜田。 3-舞太、4-咲黒木、5-石原りえ、7-竹村あゆみ

サブ未使用:1-Masami Ryochi

監督:ジン・ユキオ

統計のまとめ:アメリカ/日本

ショット: 28/4

セーブ: 2 / 13

コーナーキック: 5 / 1

ファウル:5 / 3


違法行為の要約:

アメリカ – ジョイ・マーティン(注)27仕事 分。

JPN – 竹村あゆみ(注意)49。

公務員:

主審:ヘクトール・ロバス

主審:アナ・ドミンゲス

READ  日本のスポーツベット

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close