トップニュース

米国-オーストラリア-日本通信金融協力に関する共同声明

私たちのビデン大統領、アルバネーズ首相、キシダ首相は、今日、インドの太平洋パートナーと協力して、高品質で持続可能なインフラの要件を満たすことを約束しました。

G20首脳会議で行われたPGII(Global Infrastructure and Investment)行事で、米国DFC(国際開発金融公社)とJBIC(日本国際協力銀行)が最終承認を条件にそれぞれ5千万ドルを支援すると発表しました。 TelstraのDigicel Pacific買収を支援するために提供されたExport Finance Australia(EFA)の金融パッケージの信用保証。

このプロジェクトは、今年設立されたPGIIとPartners of the Blue Pacificイニシアチブに従って、インフラ投資を通じてより強力な太平洋地域を構築するのに役立つという私たちの約束を反映しています。

Digicel Pacificは、パプアニューギニア、フィジー、バヌアツ、サモア、トンガ、ナウルに250万人以上の加入者を持つ太平洋の最高の通信事業者です。

信頼性の高い高品質の通信ネットワークは、デジタル経済の繁栄を支援するために非常に重要です。 この投資は、太平洋地域でセキュリティとパフォーマンスを向上させ、安価なモバイル音声およびデータサービスを提供します。

Telstraは、2022年7月13日にEFAを通じてオーストラリア政府が提供した資金13億3000万ドルで16億ドルの買収を完了しました。

このプロジェクトに対する私たちのサポートは、Trilateral Infrastructure Partnership(TIP)を通じて地域のインフラ要件を解決するという共同の約束に基づいています。 私たちはすでに、イーストミクロネシアケーブルやパラオ海底ケーブルなど、この地域の重要なインフラストラクチャのサポートを発表しました。

このプロジェクトは、社会的に包括的で弾力的で環境に優しいインフラストラクチャを促進することを含む、品質インフラ投資に関するG20の原則を実質的に実証することで、太平洋通信の開発への影響を拡大するための基盤を提供します。

###

READ  ラグビー元日本代表湯原ゆきさんが死亡、36歳 - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close