経済

米大使館、日本が外国人を人種的にプロファイリングしていると警告

東京駐在米大使館は、月曜日に外国人が「人種プロファイリング事件」と疑われる日本警察の製紙と捜索について警告を発令しました。

東京の唯一の公式同盟国である東京大使館の異例の動きは、慎重な再開を開始してわずか数週間でオミクロン変種に対する懸念の中で、日本が外国人の新規入国に対して国境を閉鎖した後に出た。 今週末のメディア調査では、回答者のほぼ90%が閉鎖を支持しました。

大使館の米国市民サービスとのTwitterアカウントに掲示された警告は、米国市民が移民の身分証明書を所持して拘禁された場合、領事館に知らせなければならないと警告しました。 警報は何人かの外国人が「拘禁、尋問、捜索された」と付け加えた。

松野宏和官房長官は懸念を一蹴し、メディアブリーフィングで警察が日本で尋問することは国籍や人種に基づいていないと述べた。

法務部によると、6月に日本に居住する外国人数は280万人で、1年前より2%減少した。 米国市民はほぼ54,000人で、全体の2%未満を占めました。 現在、コロナ19により外国人観光客、企業人、学生の入国が禁止されていますが、在留資格を持つ外国人は再入国が可能です。 ブルームバーグニュース

READ  台湾、日本、米国の議員たちは、経済の結束強化を模索しています。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close