トップニュース

米海兵隊太平洋司令官、南日本防衛強化

記事ジョブの読み込み中にプレースホルダ

東京 — 太平洋にある米海兵隊司令官は、金曜日の同盟国が中国とロシアの脅威が増加する中で防御を強化しようとしながら、彼の軍隊が日本南西部島を防御することに専念していると述べました。

スティーブン・ラダー(Steven Rudder)中将は、岸野武(Nobuo Kishi)日本防衛賞との会談初期に米海兵隊の駐屯が西太平洋のいわゆる第1図書チェーン(日本の東シナ海島で日本を伝統的に中国の影響力範囲の境界を定義したフィリピンは、北京が東に押し寄せているようです。

Rudderは、「国際日付に基づいて、西側の私たちの軍隊と一緒に最初の島チェーンで生活し続け、訓練し、働きます。主に日本のホストの支援と支援を受けるでしょう」と話しました。 彼は、米国と日本がこの地域の準備態勢を確保するための能力と戦術を開発するために努力していると述べました。

彼の発言は日本周辺で中国とロシアの増加した海軍活動によるものです。

国防部は木曜日、千葉南部海岸から南西に向かっているロシア戦艦7隻を捕捉したと明らかにした。 国防部はまた、日本南部海域で目撃されてから数日ぶりに日本北部津軽海峡付近で数隻の中国情報艦を発見した。

第3海病院政大は日本軍と緊密に協力して日本南西部の孤島を防御することができる上陸能力を向上させているとキシが言いました。

10年間にわたって着実に軍事費支出を増やした後、日本は今後5年間で軍事的コントラストをさらに強化することを約束し、中国、北朝鮮、ロシアの脅威に対抗して安全保障戦略を修正するよう努めています。

この物語は、ラダーが米海兵隊全体ではなく太平洋海兵隊司令官であり、日本国防長官の名前は岸西武ではなく岸信夫と訂正する。

AP通信記者 Mari Yamaguchiがこの報告書に寄稿しました。

READ  正午頃、日本の日立から東に30km離れた中規模4.1の地震/火山

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close