トップニュース

米海軍、日本と合同訓練を実施

米海軍、米海兵隊(USMC)、日本自衛隊(JSDF)が南シナ海で合同でUSMCの新型フォースデザイン2030(Force Design 2030)を試験するための計画だ。 改造する そして、中国に対抗するために海兵隊を再編成します。

訓練は、3つのグループが昼と夜に空中給油を実行するのを見ました。 チームはまた、連合軍のヘリコプターと協力し、夜間に空襲を行い、小型ボートに乗って上陸し、遠征進撃基地をシミュレートしました。

「Noble Fusionは、2018年以降には見られなかった規模で、私たちの軍団の主力電球で相互運用性を示し、Force Design 2030イニシアチブを検証できるようにしてくれました。 USNIニュース

彼は今回の訓練が「どの危機や葛藤への対応を増え続ける規模で練習できる次の大規模訓練のための条件を設けた」と付け加えた。

今回の訓練の最も重要な側面の一つは、3群に対する親しみを高め、相互運用性を構築することでした。

「今日、私たちの合同・海軍遠征軍は、物理・電磁・情報領域にわたって昼夜に水上・空中・火力資産を円滑に統合し、致命的な海上統制作戦を行いました」と3rd参謀総長のCharles Readinger大佐が語った. 海兵遠征旅団、説明 氏名 イベントをカバーします。

「日本と米国の航空機の操業と雇用の調整、MEUからの資産の発射、ビーチへの着陸プラットフォーム間の移行、特に夜間空対空給油は、優れたレベルの統合と持続性を強調しています。インド太平洋地域では、何を求めても迅速に対応できる能力です。

ノーベルフュージョン訓練は、今年後半に予定された米軍と日本軍の大規模な海軍統合訓練を事前に示しています。

重要な同盟

この地域に対する中国の意図に懸念があるため、米国と日本は強力な相互運用能力を重視しています。 日本の軍隊は憲法上自衛的役割だけ遂行するようになっていますが、自衛隊は特に海上および航空領域でますます有能な軍隊となっています。

日本は空母を運用していませんが、日本海上自衛隊は昨年米海兵隊と緊密に協力し、F-35Bの発射および回収のために日本の駆逐艦2隻を改造しました。 この動きは本質的にアメリカが設計した第5世代ステルス戦闘機のための移動式海上プラットフォームを日本に提供します。

Caleb Larsonは、National Interestのマルチメディアジャーナリストであり、国防作家です。 UCLAを卒業し、公共政策の修士号を取得し、ベルリンに住んでいます。 彼は、米国の外交政策、ヨーロッパの安全保障、ドイツ社会に焦点を当て、印刷とラジオの分野での紛争、安全保障、技術の交差点をカバーしています。 Twitter @calebmlarsonで彼をフォローしてください。

画像:ロイター。

READ  古川電機のドライブレコーダーは、日本のインフラ開発に貢献しています。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close