米空軍、日本でF-15撤退を確認

1 min read

米国防部はF-15戦闘機の日本駐屯を2022年11月から段階的に中断すると明らかにした。

1979年以来、F-15 C / D Eaglesの2つの飛行中隊である44および67戦闘機の飛行隊がKadena空軍基地に継続的に配置されました。 老朽化した機体は2022年11月1日から2年にわたって段階的に廃止されます。

F-15の離脱で残った収容力のギャップを埋めるために、第18飛行団は「より新しく、より高度な航空機」が一時的にカデナに配置されると述べた。

この団体は声明を通じて「地域抑制と日本防衛に対する米国の公約は鉄統のようだ」と話した。 「インド・太平洋全域で私たちの能力を近代化することは、米国の最優先課題として残っています。」

この時点で、F-15が他の永続的な存在に置き換えられるのか、交換が標準になるのかはまだ不明です。

空中優位の主力

F-15ストライクイーグルはアメリカの武器庫の長老の一つです。 1976年に就役した後、空中優勢専用戦闘機は定期的に更新されました。

2020年代にしばらく退役すると予想されたこの航空機は、代わりにF-15EX Advanced Eagleという別の繰り返しで開発され、老朽化し​​た機体に必要な技術的飛躍を引き起こしました。 F-15EXはUSAF内で老化したF-15C / D艦隊を徐々に置き換えます。

日本航空自衛隊はF-15イーグルも運用している。 自社開発した戦闘機である三菱F-15Jは現在、自衛隊の主要迎撃体として活動しています。 2021年、日本政府は会計年度予算に日本のF-15J艦隊の近代化をいわゆるF-15JSI(Japan Super Interceptor)変形として組み入れました。

日本航空自衛隊は、2022年3月31日に終了した最後の会計年度に1,004件の警報出動を行ったと報告しました。 これは2016年度に記録的な1,168件の出撃に続き、2番目に忙しい年です。 警報が増加した主な理由は、日本の防空識別区域(ADIZ)周辺で人民解放空軍の活動が急増したためです。 中国軍用機スクランブル件数は2021年722件に、2021年458件から2021年722件に増えた。

READ  ホンダジャパン、2022年大阪発売を控えてホーク11写真2枚追加投稿
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours