トップニュース

米議員ら、中国・北朝鮮を眺める日本同盟確認

岸田文夫日本首相と訪問米国議員は、グローバル緊張と中国と北朝鮮の脅威が高まる時期に長年の同盟の下で協力することを再確認しました。

東京 – 岸田文夫日本首相と訪問米国議員は、土曜日の中国と北朝鮮の脅威を含むグローバルな緊張が高まった状況で、長年の両国同盟の下で協力するという約束を再確認しました。

6人の議員の訪問は、先に台湾を訪問したのに続き、中国に警告を発令し、自治島民主主義に対する支持を露骨に公開的に宣言したことに続いて行われた。 彼らは金曜日のチャイインワン台湾総統に会った。

中国は代表団の訪問に抗議し、台湾付近で軍事訓練を実施した。 Zhao Lijianのスポークスマンは、中国が「主権と領土の保全を断固として守るために強力な措置を取る準備ができている」と述べた。

日本は中国の台湾侵攻の可能性について長い間緊張してきており、中国は必要なら武力で統合しなければならないと主張しています。 中国と台湾は1949年の内戦に分裂した。

東京での懸念、特に軍隊に対するより積極的な役割を望む保守政治家の懸念は、ウクライナ戦争の後に高まっています。 第二次世界大戦敗戦後に採択された日本の平和憲法が国際紛争で武力使用を禁止しているため、問題は敏感です。 日本は平和維持と人道的救済のために海外軍事作戦を続けています。

正式に、日本は台湾を認めていませんが、友好的な関係を維持しています。 中国は台湾と他の外国政府との公式な公式交流に反対している。

中国が台湾を攻撃する場合、米国が介入するかどうかの問題はまだ未知数だ。 アナリストたちは、日本が同盟の下で巨大な米軍駐屯をしているため、このような仮想の状況で日本の役割がさらに不明だと言います。

木田は、議会の代表者に、韓米同盟が政党の分裂を取り替え、地域の平和と繁栄のために働く日本の役割について理解を求めたと述べた。 日本政府はまた、数十年前に北朝鮮に拉致された日本人を本国に連れて来るための日本の継続的な努力に対して米国の支援を要請したと外交部が明らかにしました。 北朝鮮は2004年、拉北者の一部を送還した。

米国代表団には、ニュージャージー州のロバート・メンデス上院議員、ノースカロライナのリチャード・バール上院議員、オハイオ州のロブ・ポートマン上院議員、ネブラスカのベン・サッセ上院議員、テキサス州のロニー・ジャクソン議員も含まれます。

———

台湾台北のAP通信記者Huizhong Wuがこの報告書に寄稿しました。

WuはTwitterにいます。 https://twitter.com/huizhong—wu

影山ガラスはTwitterにあります。 https://twitter.com/yurikageyama

READ  フィギュアGPのフランスのワールドカップが停止宇野昌磨、紀平梨花が出展予定も(スポニチアネックス) - スポーツナビ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close