トップニュース

米軍、日本の基地労働者にCOVID-19の予防接種を提供

日本の陸上自衛隊の医療スタッフが2021年6月9日(水)東京大手町の大量注射クリニックで患者にModerna COVID-19ワクチンを注入しました。 (Akifumi Ishikawa / Stars and Stripes)

沖縄キャンプポスター – 米軍がファイザーまたはモドやCOVID-19ワクチンに関心がある日本の基地労働者を接種し始めると、日本軍は木曜日、日本政府との共同声明を発表しました。

ワクチン接種が開始される時期や配布方法などの詳細は、リリースに含まれていません。 在韓米軍は、木曜日の午後追加情報の要求に応答しませんでした。

今回の予防接種は、7月23日、東京オリンピックを控え、日本の独自の予防接種の努力と緊密に協力して実施される予定である。 日本の基地労働者がワクチンを受けないことを決定しても「否定的待遇」を受けないと声明は付け加えた。

共同声明は、「現地スタッフを予防接種することは、日本でCOVID-19の追加拡散を防止するために貢献であり同盟の回復力を保護するだろう」と明らかにした。 「予防接種はまた、在韓米軍の安定した動作を保証して、在韓米軍が日本の安全保障のために条約の義務を履行することができるようにすることです。」

日本の米軍は12月から、米軍と軍人、家族に数万個のワクチンを投与しました。

日本は他の先進国に比べてワクチン接種に遅れたが、COVID-19の事例は、4月と5月に急増した後、最近数週間の間に減少した。

日本の公営放送NHKと世界保健機関(WHO)によると、日本は木曜日の午後7時現在、1,699件の新型コロナウイルスの事例を見ており、先週同日より1362件減少した。 59人の死者が報告されました。

人々は2021年6月9日、東京大手町の日本の陸上自衛隊が主催する注射クリニックでModerna COVID-19ワクチンを接種された後、15分を待ちます。

人々は2021年6月9日(水)東京大手町の日本の陸上自衛隊が主催する注射クリニックでModerna COVID-19ワクチン接種後15分を待ちます。 (Akifumi Ishikawa / Stars and Stripes)

政府は、大流行期間中に765,000件のCOVID-19の事例と13,500人以上の死者を集計したWHOは言った。

NHKによると、東京は木曜日に439件のコロナウイルス感染と6件の死亡者が大都市政府のデータを引用して発表された。 これは先週同日より69件少ない感染です。

NHKは全国で二番目に大きい都市圏である大阪府木曜日148人の新しい事例と17人の死者を見ていると述べた。

NHKによると、現在、最悪の流行を経験している沖縄県は木曜日に別の166件の新しい感染症を報告した。 新しい感染件数は先週同日より78件少ない。

日本、韓国の新たな軍事事件

日本と韓国の米軍基地は、木曜日の午後7時現在、14件の新しいCOVID-19感染を報告した。 沖縄の嘉手納空軍基地で2件、韓半島で12件発生しました。

嘉手納の新しい患者は水曜日の夜にコロナウイルス、呼吸器疾患に陽性反応を示しました。 一つは、COVID-19症状に降りてきた後、独自の隔離された。 他の一つは、米国での旅行の前に陽性反応を示しました。 どちらの場合もコンタクトの追跡が進行中です。

司令部の声明によると、在韓米軍は5月16日から木曜日までの12人の軍人がコロナウイルス、呼吸器疾患陽性反応を示しました。

新しい患者9人は5月22日から日曜日までの商業航空便で仁川国際空港に到着したとの声明のいずれかが明らかにした。 5月30日日曜日、二台の政府チャーター機であるパトリオットエクスプレスに乗って烏山空軍基地に着陸した。

別の声明によると、キャンプ・ハンフリーズの兵士である残りの新規患者は水曜日COVID-19の症状が発生した後の陽性反応を示した。

在韓米軍によると、新たに感染した人々は、すべて隔離または隔離施設に移送された。 Humphreys事件に対する契約の追跡が進行中です。

[email protected]

ツイッター:@ MatthewMBurke1

READ  大統領室、日本の特使弁護

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close