エンターテインメント

米軍、最新急増に伴い韓国でコロナウイルス制限を強化

2022年1月7日金曜日、日本五山空軍基地の交換所を離れる空軍将兵たちがマスクを使っている。 (Jazzmin Spain/Stars and Stripes)

キャンプハンフリーズ、韓国 – 韓国の最近のCOVID-19事例の急増により、米軍は健康リスクのレベルを高め、ソウルへの不要な旅行禁止を含む追加の制限を制定しました。

朝鮮半島で約28,500人の軍隊を担当している駐韓米軍は、土曜日にブラボプラスを条件付きで移動し、地域社会でコロナウイルス呼吸器疾患が拡散する危険が「高まった」という信号を送りました。

移動とは、基地外の活動が承認されなくなったことを意味します。 これには、ショッピングモール、バー、クラブ、ジム、映画館、遊園地、フェスティバル訪問など、レストランでの食事が含まれます。 設置以外の滞在も禁止されています。

駐韓米軍は、ウェブサイトに掲示した発表で「追加のお知らせがあるまで」制限が続くと明らかにしました。

ただし、半島の人員は施設間を移動できます。 彼らはまた、食料品の買い物、テイクアウト食品、医療、保育、宗教サービス、自動車修理、運動などの仕事のために基地を離れることができます。

在韓米軍は12月28日と1月3日の間に682人の新しいCOVID-19事例を集計し、これは前週の最高記録である467件で増加した数値です。 コマンドによると、新しい感染症の1つを除いて、すべてのコミュニティで作成されました。

疾病管理本部によると、京畿道は10日、1014人の新規確定者が発生し、全国のどの地域よりも確定者が多かった。 この地方には、海外最大の米軍基地であるキャンプハンプレス(Camp Humphreys)と第7空軍が駐留している五山空軍基地(Osan Air Base)があります。

米8軍司令官のウィラード・バールソン(Willard Burleson)中将は金曜日のスーツ船平沢市長と会い、軍の大流行対応について議論した。

「8軍のすべての隊員は、危機的な状況を認識して作戦中です。 [within] 検疫ガイドラインを強化しました。」とBurlesonは会議で語った。

駐韓米軍は土曜日の発表で「ウイルスにさらされる可能性があるため、ソウル訪問は公式業務に制限される」と明らかにした。 他の州よりも症例数が多い首都は、日曜日に781人の新しい感染を報告しました。

新しいケースが急増したのは、12月15日の1日に7,849人の感染者が発生したと報告した後です。 この増加は、政府が事業通行禁止を再開し、個人の集まりを4人に制限することによって社会的距離制限を緩和する計画を撤回するよう促しました。

文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領は金曜日、駐韓米軍の肯定的な事例流入について言及し、政府が拡散統制のために司令部と緊密に協力しなければならないと述べた。

「政府は政府と緊密に協力しなければならない [USFK] 文大統領は朴慶米副大変人が発表した声明で「駐韓米軍基地とその将兵たちに対するより徹底した消毒管理のために」と話した。

米軍感染者の急増に対する韓国の対応は、日本の管理者と対照的だ。 駐韓米軍は、自らの急増に対処するために、月曜日から14日間の必須基地外の活動を除き、軍隊基地に軍隊を制限することに合意しました。

デビッドチェ



Twitter


Eメール

READ  ニューヨークネクタイ付きのOmicronケースは、ウイルスがどのように反応するのかを示しています

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close