経済

米軍兵士、コビッド勃発で日本でオミクロン恐怖

日本の米軍基地で発生した発症により、オミクロン変種に対する懸念が高まっています。 日本の記録的なデルタ感染の波が減少してから数ヶ月後です。

松野博和官房長官は、月曜日の記者たちに、180人以上の人々が沖縄島にある米軍キャンプハンセンにあるクラスターの一部だと言いました。 軍で患者の遺伝的塩基配列を分析せず、オミクロン変種による感染があった場合、どのくらいの感染が発生したかは不明だが、基地につながった2人が確認され、伝染性の高い新しい変種が拡散しているという懸念が大きくなっている。 。 それを取る。

彼らはキャンプハンセンで働く50代アメリカ人女性と60代日本人夫だと沖縄タイムズが日曜日報道した。 カップルは軍事施設の外に住んでいます。 彼らの密接な接触者は60人余りと把握された。

追加の制限事項

松野の広報担当者は、マスク着用などの感染管理措置が実施されている間、日本の管理者は、地元住民の不安を和らげるために、基地内外の活動に対する追加制限を要請したと述べた。 規則を破った人々は違反に対する処罰を受けるべきだ」と話した。

松野広報担当者は、ウイルス診断を受けた人々は基地から厳密に隔離し、密接な接触者を地域政府と共同で追跡していると述べた。

日本の一日の確定者数は10月の経済再開にもかかわらず、夏の日々最高値である2万5000人から11月17ヶ月最低値である100人未満に急減した。 1億2,600万人口の77%以上が完全に予防接種を受け、日本は世界で最も予防接種を受けた先進国の一つです。

これまで国内で計65件のオミクロン感染事例が確認され、ほとんどが国境で検出された。 先月、新しい変種が最初に確認されたとき、日本は普及を防ぐために外国人の新規参入を中断し、これは世界的に最も攻撃的な反応の1つでした。

岸田文夫首相は、最も脆弱な人々のための追加のワクチン接種を迅速に実施すると約束しました。

ビーチパーティー

米軍基地が日本でウイルス拡散を助けたのは今回が初めてではない。 コビッドクラスターは昨年7月4日のお祝いイベントに続き、米軍エージェントが基地外のビーチパーティーや酒場を訪問したときに現れました。 この事件の結果、地方政府は南部島への米軍エージェントの移送を中断することを含め、様々な要請を行いました。

沖縄には日本にある54,000人の米軍の約半分が居住しており、第二次世界大戦が終わった後、米軍の強力な駐屯は論争の原因となってきました。 ブルームバーグニュース

READ  米国、ベルギー、フランス、日本、中東海軍訓練実施

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close