米軍司令官、日本の防衛費増額が中国と北朝鮮に対する支柱だと賞賛

Estimated read time 1 min read

東京AP最高位の米軍将校は、金曜日、日本が今後5年間、国防費を2倍に増やすという公約を奨励し、日本が議論になっているより強力な軍事力を推進することが、北朝鮮と中国の脅威に対抗するために非常に重要だと述べました。

合同議長のマーク・ミリ氏は、日本が巡航ミサイル防衛、早期警報ミサイルシステム、空中能力の改善が必要だと述べた。 米国本土を正確に狙える核ミサイルプログラムと中国が自身のものだと主張する民主的島である台湾への中国の侵略が増加しています。

ミリは中国が「軍隊に莫大な投資」をし、「おそらく今後10年から15年の間にアジア全域の地域覇権国」になることを熱望すると述べた。

それは「非常に不安定になる可能性があります。 それは非常に危険になる可能性があり、アメリカや他の国々と緊密に同盟した強力な日本、軍事的に有能な日本を持つことが戦争を抑制するのに大きな助けになると思います」とMilleyは言います。

東京都心のアメリカ大使官邸で記者たちにしたミリの発言は、ますます不安定になる北東アジアの安全保障状況に対する米軍の露骨な分析を提供しています。 韓国と日本に8万人を超える米軍が駐留しており、北朝鮮と中国の軍事の動きが激しくなり、この地域の戦争の可能性がますます懸念されています。 ワシントンは、特に東京とソウルの同盟国がより多くのことをしたいと考えています。

一方、日本は、過度に積極的に見えるすべてのための国内および地域の境界の中で強力な軍隊の必要性と長い間賑わってきました。 日本軍は第二次世界大戦に至るまでアジアの多くの地域を占領し、日本が完全に悔い改めなかったという認識のため、周辺国の多くの人々は依然として怒っています。

ミリはまた、北朝鮮が最も最近発射した固体燃料ICBMに対して「米国本土を打撃する能力を開発しようとする意図を明らかに示す」と述べた。 彼は北朝鮮のミサイルプログラムについて具体的に明らかにしなかったが、「私たちの関心を集めている」と話した。

日本の次期会計年度予算は、前年比20%増加した6兆8千億円(500億ドル)の記録的な国防予算を提供します。 これには、軍艦から発射でき、最大1,600km(1,000マイル)離れた目標物を打撃できる米国産長距離トマホーク巡航ミサイル配置に2,113億円(15億5,000万ドル)が含まれます。

莫大な国防予算は、12月に発表された日本の新しい国家安全保障戦略の一環として、5カ年、43兆円(3,150億ドル)規模の軍事費支出計画の最初の部分です。

新しい支出目標はNATO基準を満たし、最終的に日本の年間国防予算を米国と中国に続き、世界で3番目に大きい約10兆円(730億ドル)に増やすことになります。

ミリは「日本軍が規模、規模、範囲、技術面で非常に迅速に拡張できるという疑いの余地がない」と話した。

Milleyはまた、台湾に対するアメリカの軍事支援を加速する必要性について言及し、より良い対空防衛、地雷、空対空および海岸対船舶能力のための島の必要性を述べました。

Milleyは「私たちが反対することは、ある種の統一を強制するために軍事を使用することだ」と述べた。 「台湾は自分を守る能力を持たなければならない」というのは、中国のいかなる侵略も阻止できる方法です。

Milley氏は、「米国や他の国が台湾の防衛能力の向上を支援するスピードは、今後加速すべきだろう」と述べた。

READ  ロシアの日本大使、「相互利益」サハリンプロジェクトを維持することが「唯一の論理」
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours