米軍用機日本沖に墜落、少なくとも1人死亡

Estimated read time 1 min read

8人を乗せた米軍航空機が水曜日に日本海に墜落し、少なくとも1人の乗組員が死亡し、少なくとも2人は海上で救助されたが、状態は不明である。

米軍は今回の事故が首都東京から南西に約1,040km離れた屋久島島沿岸で定期訓練任務を行っている間に発生したと明らかにした。

米空軍特殊作戦司令部は声明を通じて「現在では乗務員の状態がわからない」と明らかにした。

日本の海岸警備隊は、チルトローターV-22オスプリの残骸と見られることが、海岸から約3キロ離れた場所で発見されたと明らかにした。 死者は後で死亡したことが確認された。

この地域の漁船は周辺海域で3人を発見したと、現地の水産業協同組合代表が別に明らかにし、彼らの状態は知られていない。

別のオスフリーは、墜落した航空機が水曜日の午後、島の空港に安全に着陸したまま旅行中だったと考えられると地方政府の広報担当者は言った。

米国は日本に5万人以上の米軍を駐留しており、その多くは戦略的に重要な沖縄南西部島に駐留しており、台湾近くで中国の軍事力が大きくなっています。

事故は午後3時(0600 GMT)の直前に発生し、晴天と弱い風にもかかわらず、緊急着陸のために空港に接近していた航空機の左エンジンに火がついたように見えたと目撃者たちが伝えた。

米軍によると、当該航空機は沖縄に基づき特殊作戦部隊輸送及び普及訓練を受けた部隊の一部だったという。

オスプリ航空機を運用する日本も水曜日、米軍に墜落事故調査を要請したと明らかにした。

ボーイングとベルヘリコプターが共同開発したオスフリーは、ヘリコプターや固定翼航空機のように飛行でき、米空軍、海兵隊、海軍、日本自衛隊が運用しています。

日本でのハイブリッド航空機の配置は、議論の余地があり、事故が発生しやすいという批判もあります。 米軍と日本は安全だという。

去る8月には、アメリカのオスプリが定期軍事訓練中に軍隊を輸送していたところ、オーストラリア北部の海岸に墜落して米海兵隊員3人が死亡しました。

2016年12月、日本南部沖縄島沖に別の墜落事故が発生し、米軍が当該航空機を一時的に接地させました。

READ  日本貿易協会、両国間の経済協力増進との関係安定のため中国訪問
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours