経済

米FRB議長と財務長官、追加経済対策を支持 – 上院銀行委員会証言 – Bloomberg

写真:ステファニーレイノルズ/ブルームバーグ

一日を開始する前に、押さえておきたい世界のニュースを毎日お届けします。 ブルームバーグニュースレターに登録してください。

パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の無ニュシン財務相は1日、新型コロナウイルス対策に関する上院銀行委員会の公聴会で証言して追加経済対策を支持する立場を示した。 新型コロナ感染(COVID19)ワクチンに明るい兆しが見える中で、米国経済が今後数ヶ月の間にコロナ災害を克服するために必要であると述べた。

無ニュシン長官と一緒に聴聞会に出席したパウエル議長は「一定程度の財政支援を今行うと経済を発展させるのに役立つだろう」ほか、特に中小企業下方リスクへの備えにも役立つと発言した。 「サポートが過剰リスクは過小にとどまる危険よりも小さい」と説明した。

PowellとMnuchinが上院銀行委員会の前証言

パウエルFRB議長(右)と無ニュシン財務相(12月1日)

フォトグラファー:Susan Walsh / AP Photo / Bloomberg

一方、無ニュシン長官は、追加の経済対策についてトランプ大統領など共和党指導部と協議しているとし、「議会が迅速に対策が通過するように要求する」と述べた。

追加経済対策をめぐる交渉は詰まったままであるが、超党派の議員グループが1日、事態の打開を図る9080億ドル(約94兆7000億ウォン)規模の新たな方策を発表した。

パウエル議長は今月15,16の両日に予定され、連邦公開市場委員会(FOMC)で景気減速リスクにどのように対応するかを示唆することはなかったが、景気回復のためにあらゆる手段を活用するつもり改めて強調した。

この議長はまた、約1000万人が失業状態にあるとし、「まだこれからの道のりは長い」と指摘した。 「危機をかなりよく克服まで、私たちは手段を使用するつもりです。しかし、議会と他の政府機関の支援が必要になるかもしれない」と述べた。

パウエル議長と無ニュシン長官はFRBの緊急融資プログラムの一部解約是非をめぐり、財務省との対立が今月顕在化以来初めて同席。 議長は、緊急安全対策を失うことを望む金融当局はないとして、必要に応じ財務省の為替レート安定基金(ESF)を裏付けとして、緊急設備の再構築も可能だと述べた。

原題:Powell、MnuchinはFed Lending Rift以降、新しい刺激を受け付けています(1)(抜粋)

READ  Windows 10 October 2020 Updateでも日本語IME周りの問題が解決? Microsoftからの解決策を提示

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close